文字サイズ

  • 標準

ENGLISH

0561-62-3311

腫瘍外科部門

臨床腫瘍センター腫瘍外科部門は、手術治療を含む悪性固形腫瘍に対する集学的治療、単一の診療科では治療が困難な悪性腫瘍、合併症のある悪性腫瘍の手術適応、希少癌や原発不明癌の治療方針などを担当します。手術が関係するキャンサーボードにおいて、司令塔として複数の診療科が協力して円滑に外科療法を行うためのサポートをします。肺癌や縦隔腫瘍に関しては肺癌・縦隔腫瘍治療センターとして腫瘍内科や放射線科などと協力して、難症例を含め専門的な診療を行っています。どうぞよろしくお願いいたします。




診療部門からのごあいさつ

部長 矢野智紀

部長 矢野智紀

臨床腫瘍センター腫瘍外科部門の矢野智紀です。私は肺癌や縦隔腫瘍など胸部悪性腫瘍を中心に診療、研究を行ってまいりましたので、その経験を生かし、単一の診療科では治療が困難な頚胸部や胸腹部の複数領域や境界領域に存在する悪性腫瘍の治療を積極的に行っていきたいと考えます。また胸腺腫や胸腺癌などは比較的稀な腫瘍で治療法も確立しておりませんでしたが、一つ一つエビデンスを重ね標準治療が確立してきました。肺癌などのメジャーな疾患から希少疾患まで広くご紹介いただきたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

副部長 岩田 崇

副部長 岩田 崇

医学は進歩しましたが、がんは依然として完全には克服できていません。私は外科専門医を持ったがん薬物療法専門医として、主に消化器癌の治癒を目指した術前術後の化学療法や、治癒を望むことが難しい進行再発癌に対して、生活の質を保った余命延長を目指した薬物療法を担当しています。がん診療を行うにあたり、手術、薬物療法、放射線治療だけでなく、支持療法や緩和ケア、栄養サポートなどを加えた「集学的治療」を、個々の病態、社会的背景などを考慮し各専門職チームが協議して最適な治療選択肢を提案し、患者家族と相談し実践していくことが大切と考えています。「チーム医療」の一員としてがん患者さんと家族の皆様がよりよく人生を過ごされるサポートができるよう務めていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

主な対象疾患

肺癌、縦隔腫瘍、横隔膜腫瘍、胸郭出口腫瘍

キーワード

肺癌、縦隔腫瘍、横隔膜腫瘍、胸郭出口腫瘍、集学的治療

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36500 31外来 または 内線:36310 30外来化学療法室