形成外科

各種疾患に対して使用するレーザー

各種疾患に対して使用するレーザー

院内所在マップ

形成外科と整形外科は,名称が似ているため混同されることが少なくありません。
整形外科は骨,関節,靱帯などに関する疾患を扱うので,骨折,捻挫,骨腫瘍,腰痛などが診察の対象となります。それに対して形成外科は,主として皮膚などの軟部組織を扱うので,先天性の外表奇形やアザ,外傷,癌などを切除した後の修復など,体表面に関することを対象とします。
形成外科は体表面を対象とすることから,より綺麗に美しくするという美容的な配慮も重要です。従って美容外科も形成外科の大切な分野となります。
愛知医科大学形成外科は,皆さんと一緒に,悩みのない,夢を持てる未来を追求していきます。

診療部門からのごあいさつ

部長  古川洋志

愛知医科大学病院形成外科では、1)アザや血管腫に対するレーザー治療・硬化療法、2)熱傷・顔面外傷や手指切断の治療、3)乳癌切除後の乳房再建、4)頭頸部がん切除後の舌・顎骨・食道などの再建、5)皮膚がんに対する手術治療、6)手足の先天異常・漏斗胸などの手術治療、7)褥瘡・糖尿病性潰瘍など様々な慢性創傷に対する治療、などを大きな柱として診療・研究を行っております。
難治性疾患であり、治療の行える施設も限られている血管腫・血管奇形に対しては、血管外科・放射線科・小児科と密接に連携してチーム医療を展開しており、全国から患者さんが訪れます。熱傷の外科治療には昔から実績があり、現在趨勢となっている自家培養表皮移植の普及に、教室・同門をあげて多大な貢献をしてまいりました。また、乳房再建、頭頸部再建では、患者さんの術後の機能的・整容的回復をはかり、治療後の生活の質の回復に寄与できるよう現在、教室員一同注力しています。

主な対象疾患

  • 先天性体表奇形 : 唇裂,口蓋裂,小耳症,耳介変形,漏斗胸,多指症,合指症など
  • 外傷 : 顔面軟部損傷,顔面骨骨折,陳旧性顔面骨骨折,手の外傷など
  • 皮膚潰瘍 : 良性皮膚腫瘍(粉瘤,脂肪腫),悪性皮膚腫瘍(皮膚癌)など
  • アザ : 色素性母斑,苺状血管腫,太田母斑,蒙古斑,扁平母斑,ホクロなど
  • 後天性欠損 : 手術後の変形再建(乳癌の手術後の乳房再建など),外傷による変形の修正など
  • 熱傷 : やけど,重傷例の救命,深いやけどの手術など
  • 瘢痕・瘢痕拘縮,ケロイド : 熱傷やケガによる傷跡,ひきつれ,ケロイドなど
  • 皮膚潰瘍 : 放射線障害,褥瘡(床ずれ)など
  • 手の外科 : 切断指の再接着,皮膚や神経損傷の修復など
  • 美容外科 : 隆鼻術,二重まぶた,皺取り,しみ,ピアス,刺青など
  • その他の変形 : 顔面神経麻痺,顔面片側萎縮,腱膜性眼瞼下垂,リンパ浮腫,陥入爪など

専門外来

アザ外来

担当者 全医師
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

美容外科外来

担当者 梅本泰孝
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

-基本的に自費診療で行っています-

乳房再建外来

担当者 梅本泰孝
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

小耳症外来

担当者 竹市夢二
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

血管腫外来 -完全予約制-

担当者 横尾和久,太田 敬(血管外科名誉教授)
受診方法 アザ外来受診後紹介受診となります。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

診療実績(平成29年度)

外来患者数(1日平均) 54.2人
入院患者数(1日平均) 10.0人
患者紹介率 58.3%

※ 紹介率は、平成24年度

年間手術件数(平成29年1月~12月)

内 訳 入院手術 外来手術
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷 33 1 34
顔面骨折・軟部組織損傷 35 34 69
上肢・下肢・その他の外傷 16 44 60
外傷後の組織欠損(二次再建) 1 0 1
口唇裂・口蓋裂 0 0 0
頭蓋・顎・顔面の先天異常 12 3 15
四肢の先天異常 10 1 11
体幹(その他)の先天異常 16 0 16
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 180 249 429
悪性腫瘍 21 2 23
腫瘍切除後の組織欠損(一・二次再建) 123 28 151
瘢痕,瘢痕拘縮,ケロイド 23 15 38
褥瘡,難治性潰瘍 20 5 25
炎症・変性疾患 14 13 27
美容 1 0 1
その他 45 4 49
レーザー治療 59 1,845 1,904
合 計 609 2,244 2,853

設備等

名称 対象疾患
色素レーザー 単純性血管腫,イチゴ状血管腫,毛細血管拡張症など
Qスイッチルビーレーザー 太田母斑,異所性蒙古斑,扁平母斑,雀卵斑,老人性色素斑,脂漏性角化症など
炭酸ガスレーザー 黒子,脂漏性角化症など

キーワード

血管腫・血管形成異常,皮膚悪性腫瘍,顔面骨骨折,陳旧性顔面骨骨折,鼻骨骨折,顔面・耳介・四肢の先天奇形,美容外科,熱傷,ケロイド,乳房再建,漏斗胸,眼瞼下垂

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 35700 24外来(8:30~11:30)
FAX
0561-63-4799(直通)

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

愛知医科大学形成外科のホームページへ