病院病理部

病院病理部には2012年8月現在,病理医3名,後期研修医1名,臨床検査技師9名(パート職含む),臨床技術員1名が所属しています。
病理医全員が病理専門医と細胞診専門医の資格を有しており,臨床検査技師7名が細胞検査士の資格を有しています。
「病める人に最善を尽くした診断を提供する」を理念に掲げ,病理診断を行っています。
2011年の病理診断及び検査実績です。

  • 病理組織診断:10,413件
  • 細胞診断:10,829件
  • 免疫組織化学染色:2,199件
  • HER2検査:190件
  • EGFR検査:85件
  • K-ras検査:35件
  • 術中迅速診断:349件

ごあいさつ

病院病理部は病理医,細胞検査士,臨床検査技師,臨床技術員からなる総勢十数名の小所帯です。病院病理部では患者さんを直接診察することはありません。その代わりに患者さんの体から検査(例:消化管内視鏡)や手術などで採取された組織や細胞を顕微鏡で観察して病気の診断をします。例えば,がんの患者さんのほとんどは病院病理部で最終診断がなされます。その他,様々な疾患の診断にかかわっています。病理診断には通常の標本だけでなく,最先端の医学研究の成果を取り入れた免疫組織化学,分子病理学などの手法も積極的に活用し,がんの分子標的療法などに必須の情報を提供しています。また,学内外の専門医とも連携して質の高い病理診断を実践しています。
病院病理部のスタッフは院内の定期的な症例検討会に参加するとともに,毎日のように部を訪れる内科,外科など臨床各科のスタッフと患者さんの診療についてディスカッションを行っています。また,手術方針決定のための術中迅速診断にも積極的に対応しています。このように,私ども病院病理部の職員は皆,患者さんのことを最大限に尊重し理解するように努め,日々,病理細胞診断を行っています。

業務案内

病理組織検査

内視鏡や手術で取り出した臓器や組織の顕微鏡標本を作製し,それを病理医が観察し,がんなどの様々な疾病の病理診断や病態評価を行います。

細胞診検査

尿・喀痰に含まれる細胞や病変部から採取した細胞を細胞検査士と細胞診専門医が顕微鏡で観察し,細胞学的診断をします。

術中迅速診断

手術中に臓器の一部を採取し迅速凍結標本を作製します。それを病理医が直ちに観察し,結果を手術室に連絡します。これにより手術範囲を決めたり,より適切な手術方法を選択することができます。

免疫組織化学,分子病理学

免疫組織化学とは,組織や細胞内に存在する様々なタンパク質(抗原)に特異的な抗体を反応させることで抗原の存在や位置などを証明する方法です。近年,様々な抗体の開発により多くの分野で盛んに行われています。当病院病理部でも,より正確な病理診断をするために,積極的に免疫組織化学を行っています。
また,分子標的治療を行うために必須の情報である遺伝子異常やタンパク質の形質を調べることなどに有用な分子病理学的検査も行っています。

がんとは

人間の体は,約60兆個の細胞から成り立っています。がんはその一部の細胞に遺伝子変化が起こり,細胞増殖を調節する仕組みに異常をきたす遺伝子病です。人間の体にある様々な臓器におこり,進行するとリンパ節や他臓器に転移していきます。がんの代表的なものには,肺がん,胃がん,乳がん,子宮がん,大腸がん,肝・胆管がんなどがあります。
これらのがんの早期発見,診断,治療のために病理組織検査,細胞診検査はなくてはならない重要な役割を果たしています。

死亡数が多い部位(2009年)

2009年にがんで死亡した人は,344,105例(男性206,352例,女性137,753例)

順位 男性 女性 男女計
1位 大腸
2位
3位 大腸 大腸
4位 肝臓 膵臓 肝臓
5位 膵臓 乳房 膵臓

(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターHPより改変)

罹患数(全国推計値)が多い部位(2005年)

2005年に新たに診断されたがん(罹患全国推計値)は,676,075例(男性390,835例,女性285,240例)

順位 男性 女性 男女計
1位 乳房
2位 大腸 大腸 大腸
3位
4位 前立腺 乳房
5位 肝臓 子宮 肝臓

(独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターHPより改変)

分子標的薬に関する検査

2012年8月現在,病院病理部が行っている分子標的薬に関する検査は下記の項目があります。

  • EGFR検査
  • ALK検査
  • HER2検査(FISH法)
  • K-ras検査
  • 免疫組織化学染色

キーワード

病理医,臨床検査技師,細胞検査士,病理検査,癌,がん,病理組織検査,細胞診検査,分子標的薬,分子標的治療,免疫組織化学,免疫染色,HER2,K-ras,ALK,EGFR,FISH,術中迅速検査

関連リンク