皮膚科

皮膚は体の中で最大の臓器であるとともに,体の外表を覆うことで重要な機能を有しています。最も外表にあるため,様々な異常や変化に気づかれ,多くの種類の疾患があります。
私たちは,皮膚の良性及び悪性腫瘍,皮膚感染症,発汗異常症(主に手足の多汗症),水疱症,膠原病をはじめ,アトピー性皮膚炎や湿疹,接触皮膚炎(かぶれ)に至まで皮膚科のあらゆる疾患に対して専門的な診療治療を行っています。

すべての皮膚疾患に幅広く対処できるよう医療スタッフ一同協力体制のもと診断・治療にあたっています。

診療部門からのごあいさつ

部長 渡辺 大輔

愛知医科大学皮膚科では,湿疹,接触皮膚炎(かぶれ)などのよくある皮膚疾患から皮膚の良性および悪性腫瘍,アトピー性皮膚炎,薬疹,水疱症,膠原病といった重症の皮膚疾患に至るまで,病診連携を行いながら東尾張地区の基幹病院として皆様の医療ニーズに応える専門的診察,治療を行っております。
またウイルス性皮膚疾患(帯状疱疹,疣贅),表在性皮膚悪性腫瘍(日光角化症,Bowen病),発汗異常症(多汗症,無汗症)の診療および研究については特に力を入れ,国内外にその成果を報告してきています。
外来は,午前に新患および再来外来にて診療を行い,午後は外来手術,ウイルス性皮膚疾患,発汗異常およびアトピー性皮膚炎の専門外来を行なっております。また,緊急疾患に対しては,いつでも入院していただける体制を整えています。
私たちは,患者さんのニーズに迅速かつ的確に対応できるよう,最新の知識と治療技術を用いて診療を行います。

主な対象疾患

  • アレルギー性,炎症性皮膚疾患(アトピー性皮膚炎,尋常性乾癬,蕁麻疹,接触皮膚炎など)
  • 皮膚感染症(ウイルスや細菌性皮膚疾患,白癬など)
  • 皮膚腫瘍(ほくろなどの良性腫瘍,皮膚がん)
  • 膠原病(全身性エリテマトーデス,強皮症,皮膚筋炎,シェーグレン症候群)
  • 難治性皮膚潰瘍
  • 円形脱毛症
  • 水疱症
  • 発汗異常症(多汗症,無汗症)

高度な専門医療

高度な医療

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節は見張りリンパ節と呼ばれ,悪性腫瘍病巣などの局所から流れ出たリンパ液が最初に入るリンパ節です。手術の際にこのリンパ節を摘出し,転移の有無を調べる検査がセンチネルリンパ節生検です。転移があった場合はリンパ節郭清を行いますが,無かった場合はリンパ節郭清の必要がなく,郭清後のリンパ浮腫の発生を軽減する事ができます。センチネルリンパ節生検は色素法,RI法を併用して行います。

専門外来

ウイルス外来

ウイルス外来では,帯状疱疹や単純ヘルペス,難治性尋常性疣贅(いぼ)の診断,治療に力を入れています。当科では迅速DNA診断法であるLAMP法を用いた診断で,典型的でない帯状疱疹や単純ヘルペスの診断も確実に行います。また帯状疱疹後の神経痛に対する治療にも積極的に取り組んでいます。さらに既存の治療に難治ないぼに対して,最新の治療を試みております。

担当医師 渡辺 大輔,加藤 徳子
受診方法 再診のみのため,一度午前の初診外来に受診して下さい
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

原発性局所多汗症外来

原発性局所多汗症外来では主に手掌,足底,腋窩の多汗症の治療を行っています。
外用剤や内服薬,イオントフォレーシス等の治療を組み合わせ,総合的な治療を行っています。治療効果の乏しい場合には手術などのご相談にも対応いたします。

担当医師 大嶋 雄一郎,柳下 武士
受診方法 再診のみのため,一度午前の初診外来(火,水,金曜日のみ)に受診して下さい
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

アトピー性皮膚炎外来

アトピー性皮膚炎外来では病気についての理解を深める教育を行っています。
また外用剤のみならず漢方薬や免疫抑制剤を用いた治療も行い,個々の患者さんにあった治療を心がけています。

担当医師 竹尾 友宏
受診方法 再診のみのため,一度午前の初診外来に受診して下さい
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

外来手術

皮膚腫瘍(良性,悪性)に対して局所麻酔により手術を行っています。皮膚潰瘍,皮膚腫瘍切除後の皮膚移植による再建手術も行っています。全身麻酔が必要な場合 は入院手術にて対応させて頂きます。

担当医師 岩下宣彦
受診方法 予約制のため,一度午前の初診外来に受診して下さい
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

患者数

患者数内訳

年度 2017年度
入  院 8.9人/日
外  来 107.9人/日
外来患者数

手術件数

麻酔種類別手術件数

2016年 2017年 2018年
全身麻酔 21件 31件 22件
局所麻酔 121件 112件 93件
142件 143件 115件
麻酔種類別手術件数

入院手術・外来手術件数

2016年 2017年 2018年
入院手術 56件 92件 66件
外来手術 86件 51件 49件
142件 143件 115件
入院手術・外来手術件数

悪性・良性別手術件数

2016年 2017年 2018年
悪  性 92件 102件 75件
良  性 49件 41件 39件
不  明 1件 1件
142件 143件 115件
悪性・良性別手術件

設備等

皮膚科病床数 13床

UVA照射装置

UVA照射装置

紫外線の中でも長波長紫外線(UVA)を照射する装置です。
ソラレンとゆう皮膚に光に対する感受性を高める薬を外用または内服後,病変部にUVAを照射することで治療を行います。

対象疾患:
乾癬,尋常性白班,菌状息肉症,アトピー性皮膚炎など

ナローバンドUVB照射装置

ナローバンドUVB照射装置

ナローバンドUVBとは中波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311nm前後)の紫外線です。
今までの紫外線療法より効果がよく,安全性が高いとされています。

対象疾患:
乾癬やアトピー性皮膚炎,尋常性白斑,円形脱毛症など

セラビーム

セラビーム

人体に有害な紫外線を除いた特定の波長のみを照射できる紫外線照射装置です。照射時間が短く,高い治療効果を期待できます。

対象疾患:
尋常性白班,掌蹠膿疱症など

CO2レーザー

CO2レーザー

CO2レーザーは熱凝固作用があり,皮膚腫瘍の切除において,出血をなるべく少なく切除することができます。

対象疾患:
ほくろなどの皮膚良性腫瘍,尋常性疣贅(いぼ)

超音波画像診断装置(エコー)

超音波画像診断装置(エコー)

主に体の表面から皮膚や皮膚の下のできもの(皮膚腫瘍,皮下腫瘍)の診断に役立つ超音波画像診断装置(皮膚エコー)です。
浸襲(痛みなど)を加える事が無いため患者さんに負担がなく,臨床診断において非常に有力な情報を得ることができます。

対象疾患:
皮膚の良性,悪性腫瘍。血管の腫瘍の診断にも有用です。

皮膚科の外来診療体制について

皮膚科外来診療については,下記のとおり紹介状をお持ちの患者さんに限定させていただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。

皮膚科の診療体制

完全紹介制の内容について

  1. 紹介状をお持ちでない初診患者さんは,まず地域の皮膚科診療所や一般病院の皮膚科を受診していただいた上で,専門的な治療が必要と判断された場合に,当院の皮膚科への紹介状をご持参の上ご来院ください。
  2. 緊急性が高いと判断される患者さんについては,紹介状を持参されない場合でも当日対応いたします。
  3. ご予約がなく,1年以上の期間が空いて受診されなかった再診患者さんについては,初診患者さんとして同様の対応とさせていただきます。

再診について

  1. 症状の安定している再診患者さんについては,できるだけ当院の連携先の病院又は診療所への紹介を進めてまいります。

キーワード

ウイルス感染症,多汗症,皮膚腫瘍,アトピー性皮膚炎

連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
内線:37200 45外来(09: 00-17: 15)