お薬相談コーナー

よくあるご質問

妊娠しているのですが,薬を飲んでもいいですか?

妊娠中または妊娠の可能性がある場合は,飲む前に必ず医師・薬剤師に相談してください。

薬の影響は,さまざまな要因によって異なります。

妊娠中に飲んだ薬が赤ちゃんに及ぼす影響は,薬そのものの危険度・胎盤通過性・使用時期・使用期間・使用量・投与方法などによって異なります。妊娠中または妊娠の可能性がある場合は,市販薬を含め,自己判断で薬を飲む前に必ず医師・薬剤師に相談してください。
現在,なんらかの治療のために薬を使っている方で,妊娠を希望される場合は,あらかじめ医師に相談してから妊娠を計画してください。その上で薬が処方されることもありますが,元気な赤ちゃんを育てるためにはお母さんが健康であることが重要であるため,医師に薬の必要性を十分に説明してもらい,その指示通りに使ってください。

「妊娠に気づかず薬を飲んでしまったのですが,影響はありますか?」

赤ちゃんへの薬の影響で心配なのは奇形ですが,全ての奇形の中でも薬が原因のものは1%程度といわれています。何も薬を使っていなくても赤ちゃんに奇形の生じる可能性は2~3%あり,その奇形の発生率を5倍にも10倍にも高めるような本当に危険な薬はごく一部です。そのような薬は,治療期間中は妊娠しないようにとの注意喚起があったりします。また,妊娠のどの段階にあるかによっても薬が影響する度合いは変わってきます。妊娠に気づかず薬を飲んでしまったからといって思い悩まずに,医師・薬剤師に相談してください。

「授乳中に薬を飲むと赤ちゃんに影響がありますか?」

授乳中に薬を飲むと赤ちゃんに影響があるのではないかと心配になる方も多いかと思います。しかし,必要な薬を飲まずに我慢するとかえってお母さんの病気が悪くなって,子育てができなくなってしまうこともあるため,薬を飲んで体調を安定させることも大切です。
薬の影響は,薬そのものの危険度・乳汁への移行性・使用量・投与法・赤ちゃんの体質などの要因により異なります。母乳へ移行しないものもあれば,移行するけれども赤ちゃんには影響しないもの,授乳と服用のタイミングを調節することで使えるものなどがあります。治療が終了して,授乳を再開する場合にも注意が必要な場合もありますので注意してください。薬を飲んでいるからといって必ずしも授乳ができないというわけではありませんので,医師・薬剤師に相談してください。

相談窓口 外来棟3階薬局

連絡先
薬剤部(内線:2765)
相談時間
月曜日~金曜日 8:30~17:00
土曜日 8:30~12:30