お薬相談コーナー

よくあるご質問

薬を使用している間,食べてはいけない物はありますか?

薬と食べ物の組み合わせによっては,薬の効果を弱めてしまったり,逆に強めてしまったりすることがあります。

ワーファリンを飲んでいる間は,ビタミンKを多く含む食べ物に気をつけましょう。

ワーファリンは,血液を固まりにくくして血栓ができるのを防ぎます。血液が固まるにはビタミンKが必要ですが,ワーファリンはこのビタミンKの働きを妨害し,血液を固まりにくくするのです。納豆にはビタミンKや,大腸でビタミンKを作る納豆菌が多く含まれるため,ワーファリンの作用を弱めてしまいます。クロレラや青汁などにもビタミンKが多く含まれているため,摂取しないようにしましょう。その他にビタミンKを多く含む食べ物として,緑黄色野菜があります。これらは絶対に食べてはいけないわけではありませんが,大量摂取するのは避けるようにしましょう。

グレープフルーツジュースなどの摂取を避けるべき薬があります。

血圧を下げる働きのある「カルシウム拮抗薬」と,グレープフルーツジュースとの相互作用はよく知られています。カルシウム拮抗薬をグレープフルーツジュースで服用すると,血圧が下がりすぎたり,心拍数を増加させたりすることがあります。これはグレープフルーツジュースの成分が,薬を分解(代謝)する酵素を阻害してしまうためと考えられています。カルシウム拮抗薬だけではなく免疫抑制剤や高脂血症の薬なども,グレープフルーツジュースによって分解が遅れることにより作用が強くなりすぎ,副作用が現れやすくなるおそれがあります。

セント・ジョーンズ・ワートを含む健康食品を薬と併用するときは注意してください。

セント・ジョーンズ・ワートを含む健康食品は,一部の薬と併用すると薬の効果を弱めることがあります。そのような薬として,免疫抑制剤,強心剤,抗不整脈薬,気管支拡張薬,血液凝固防止薬,経口避妊薬,抗HIV薬,抗悪性腫瘍薬などがあります。

この他にも,食べ物との組み合わせについて分からない事があれば薬剤師に相談して下さい。

相談窓口 外来棟3階薬局

連絡先
薬剤部(内線:2765)
相談時間
月曜日~金曜日 8:30~17:00
土曜日 8:30~12:30