文字サイズ

  • 標準

ENGLISH

0561-62-3311

外科部門

日本人の死亡原因は悪性新生物が長い間1位です。臨床腫瘍センターは、高齢化とともに増加する腫瘍(がん)に総合的かつ重点的に対処することを目的とし、院内のがん診療のまとめ役と悪性腫瘍に関する臨床試験や治験を含めた臨床研究のサポートを行い,先進的治療の推進を担当します。

腫瘍内科部門は主として肺がん・原発不明がんなど薬物療法全般を担当し、腫瘍外科部門は主として胃がん・大腸がん・胆膵がんなど手術が関わる消化器がんの化学療法や診療相談を担当し、外来化学療法部門は実際の薬物治療を担当します。薬物療法の進歩はめざましく,従来の殺細胞薬に加えて,新しい分子標的薬が登場し,個人の特徴に合わせた治療を強い副作用なく行えるようになりました。さらに新しい免疫療法も悪性黒色腫や肺癌だけでなく今後多くのがんで使えるようになります。がんの遺伝子を調べて最適な治療を選ぶことも可能になりつつあります。当初手術ができない状態であっても,薬物療法を行うことで手術ができるようになることも期待できるようになりました。

悪性腫瘍に関わる院内の全診療科が定期的に集まって話をし、がん薬物療法委員会において院内で使用される化学療法のレジメン審査を行っています。ますます複雑になる悪性腫瘍の治療方針に関してCancer Boardで検討しています。がん救急や有害事象対策には全診療科が関わっています。

診療部門からのごあいさつ

部長 三嶋秀行

部長 三嶋秀行

胃・大腸・胆膵などの消化器がんの薬物療法と診療相談(セカンドオピニオンを含む)を担当しています。20年以上大腸がんの内視鏡・手術・化学療法・緩和を担当した経験から,予防・診断・治療において中立の情報を提示し、第3者として偏らない治療方針を提供します。治癒を望むことが難しい状況では、エビデンスを基本に、エビデンスにとらわれない治療選択肢(EBMのstep4)を実践します。早期緩和として抗がん剤治療を行いながら自分の人生の振り返り、最期まで自分らしく生きるために限られた命をどう生きるかについて自分で考えて決められるようにサポートをしています。新薬の国際共同治験や多施設共同臨床研究に参加して医療の質向上をめざし,講演や市民公開講座などを通して医療者や市民に啓蒙活動を行っています。

講師 岩本慈能

講師 岩本慈能

がん治療は化学療法、手術療法、免疫療法、放射線療法の4つの治療法と緩和的ケアによって成り立っています。この4つの治療法から患者さんにとって必要な治療法を選択しがん治療の目的である‘がんを治すこと’とたとえ治らなくても‘その人らしく生きる’を目指します。腫瘍外科医として低侵襲手術から化学療法、緩和ケアまで診療に携わってきましたが、がん患者すべてを治癒させることは困難であり進行・再発癌の治療も腫瘍外科医として重要な責務と感じています。 臨床腫瘍センターでは化学療法を中心に‘がんを治す’から‘その人らしく生きる’まで行います。

主な対象疾患

消化器がん

食道がん、胃がん、大腸がん、胆膵がん

診療・治療実績

外来診療 月・火・水・木・金(月・金は予約のみ)
年間延べ治療件数 約500件
がん薬物療法委員会 (毎月1回)
Cancer Board開催 (毎月1~2回)
オンコロジーセミナ-開催 年4回
外来化学療法件数

キーワード

Cancer Board,薬物療法,診療相談,セカンドオピニオン

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36500 31外来 または 内線:36310 30外来化学療法室