災害医療研究センター

災害医療の教育・研究をより積極的に進め,南海トラフ地震における犠牲者軽減することを始め,各種災害における犠牲者を軽減し,災害医療の発展に寄与することを目的として,平成26年11月1日に設置しました。
また,厚生労働省の平成30年度老人保健健康等事業に採択されました。

活動・研究内容

本センターの活動内容

災害医療に関する教育及び研究

【教育】
病院職員に対する災害医療研修
学生に対する災害医療研修
DMAT(災害医療支援チーム)に対する災害対応研修
愛知DMAT研修の実施,日本DMAT研修に対する教員の派遣
災害医療コーディネーター研修
愛知県と連携し,県内災害医療コーディネーターに対する研修
局地災害における災害対応研修
  1. 東尾張地区MCに対する災害研修・災害訓練の企画実施
  2. 中部国際空港訓練の企画
  3. MCLS
実施地域住民に対する災害時の応急手当
ボランティア市民グループに対する災害時の応急手当普及
災害医療に関連する標準医学教育
MCLS,JPTEC,JATEC,BLS,ACLS
【研究】
  • 大規模災害における災害医療対策
  • 南海トラフ地震における災害医療対策
  • 過去の災害における被災状調査

災害時の医療機関,行政機関等との連携協力

  • 愛知県災害医療協議会
  • 日本DMAT検討委員会
  • 関係機関災害対策部会への参画

災害時の医療支援

  • 自然災害,多数傷病者発生事故に対するDMAT派遣
  • 大規模地震被災地への医療救護班派遣

災害時の愛知医科大学病院における災害医療業務の統括

災害医療機器の開発

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
加納 秀記 センター長
  • 災害医療
  • 災害/組成教育・医学教育
  • 病院前救急
  • 救急医療(メディカルコントロール)
小澤 和弘 講師
  • 病院前災害医療
  • 災害医療体制後方支援(ロジスティック)
  • 災害医療史
  • 災害医療・搬送機器の開発
高橋 礼子 助教
  • 災害医療
  • 社会医学
  • 麻酔科学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
加納 秀記
  • 大規模災害医療
  • 災害時の地域包括ケア
  • 病院前・事態対応救急医学
  • 災害医学教育・医学教育
小澤 和弘
  • 南海トラフ地震医療対策
  • 過去の大地震,風水害被害調査
  • 局地災害医療対策
高橋 礼子
  • 大規模災害時における保健医療福祉対応
  • CBRNEテロ等における医療・公衆衛生対応
  • 健康危機管理・災害対応における人材教育

キーワード

DMAT,医療救護,災害医療医療史

連絡先

TEL
外線:0561-76-3029
内線:12253
FAX
外線:0561-76-3178
E-Mail
disaster@aichi-med-u.ac.jp