学長あいさつ

学長 佐藤 啓二

学長 佐藤 啓二

愛知医科大学の所在地である長久手市は,1584年小牧・長久手の戦いで名を残しておりますが,2005年日本国際博覧会(愛・地球博)では2,205万人の来場者を迎え,一躍知名度がアップしました。全国住みよさランキング2018では,総合評価2位,快適度は7位,利便度は6位となっており,住みやすい街のトップランクです。愛知医科大学の他,愛知県立大学,愛知県立芸術大学,愛知淑徳大学があり,県内有数の文教地区となっています。長久手市の西半分は市街地ですが,東半分はモリコロパークを始めとする緑の景観が保存され,優れた自然環境と市街地の利便性が両立した「住みたい街」として,若い世帯の転入が続き,5年間で人口増加率が10%を超えています。

愛知医科大学は1972年に建学されています。建学の精神は「新時代の医学知識・技術を備えた教養豊かな臨床医を養成する」「時代の要請に応じて地域社会に奉仕できる医師を養成する」「医療をよりよく発展向上させる為の医学指導者を養成する」です。その後,大学院医学研究科,看護学部,大学院看護学研究科が設置され,現在までに,医学部卒業生は4,214名,看護学部卒業生は1,693名を数えており(旧看護専門学校卒業生は1,485名),有能な医療人材を輩出してきております。

2017年4月には学是「具眼考究」を定めました。「具眼」は「正しくみる」事ですが,「診る」「見る」「観る」「視る」「看る」の全てを含み,全人的に患者を把握する感性を意味します。「考究」は「具眼」によって得た神髄を深く考え,それに対して正しく適切に対処して究める事を指します。愛知医科大学における教育のバックボーンとして,深く心に刻み歩んでいきたいと思います。

2006年7月14日新病院建設委員会が発足し,次いで,2007年理事会においてキャンパス再整備計画が承認されました。医学部6学年次生,看護学部4学年次生の勉強スペースである「医心館」建設,立体駐車場建設(801台収容),保育園(45名定員)建設に引き続き,2014年5月9日中央棟(新病院棟)が開院し,2017年4月バスロータリー,6月立石プラザ,2018年3月に立石池周辺道路の拡幅工事,同年3月にドクターヘリ格納庫をもってキャンパス再整備計画が完了しました。立石池から見る大学景観は一変し,巨大な中央棟が聳え立っています。また本館7階を改修し,医学部4・5学年次生の勉強スペース(個人用ブース及びグループ学習用テーブル)も設置しています。

医学教育においては,医学教育分野別評価に備え,クリニカルクラークシップ72週,アーリーエクスポージャー8週,合計80週と大幅に増加させるカリキュラム改革を推進する等,個性ある教育を構築しています。2019年9月に同評価の受審を予定していますので,教職員一丸となって取組を進めているところです。

看護教育においては,2017年11月に締結した高大連携協定により,愛知県立長久手高等学校が2019年度4月から設置した「医療看護コース」において,本学は看護学部教員を中心に医師,看護師等を加えた多彩な講師陣を編成して,講義やフィールドワーク等を実施しています。

両学部共通の改革として,情報リテラシー能力(活用能力),生涯学修能力を涵養する目的で,既に導入されているAIDLE-K (Learning Management System) の利用度を上げる努力を行いつつ,学修履歴や学修成果を蓄積できるePortfolioの導入・開発を行いました。総合学術情報センターにはICT支援部門を設置し,講義室の無線LAN環境も整え,ICT教育を充実させるソフト・ハードが充実しました。

研究においては,科研費Jump up作戦の結果,申請件数は2013年123件から,2018年214件に増加しました。更にJump up作戦を継続し,300件を超えるところまで頑張りたいと考えております。

大学院生や若手研究者に対する研究相談や研究指導を目途とし,2016年度より研究創出支援センターを設置しました。吉川特務教授,鈴木准教授(URA),テクニシャン1名の体制となっており,共同実験部門,研究支援部門に加えて,バイオバンク部門を立ち上げ,3診療科の試料バンキングより始めました。私立医科大学の中でバイオバンクを有している大学は少なく,貴重な研究リソースとして活用できるものと考えております。

これらの活動が評価され,2019年2月には文部科学省の私立大学等改革総合支援事業・タイプ1に選定され,更に私立大学研究ブランディング事業にも採択されました。大学の研究基盤を強化しつつ,基礎・臨床が一体化し長久手市と連携する中で,特色ある地域支援研究活動が展開できるものと考えております。

診療においては,中央棟(新病院棟)開院後,5年が経過した現在,1日平均外来患者数は約2,650名と私立医科大学の中でも有数の患者数となりました。生活時間の最大活用を基本コンセプトとして作り上げた新病院でありますので,採血採尿センター待ち時間は10分~15分,85%の患者さんは会計計算が4分以内に終了し,院内処方待ち時間は約10分となっています。外来患者数が30%増加しているにも関わらず,診察待ち時間は25%短縮する結果となりました。病床稼働率は89%,平均在院日数は11日を下回るようになり,手術件数は年間12,600件となっています。尾張東部医療圏における特定機能病院,地域中核病院として,高度急性期・急性期医療の役割を果たし続けてまいります。

2019年度には,診療体制が更に充実しました。脳神経外科には血管内治療を専門とする宮地教授が就任し,脊椎脊髄センターに原教授(特任)を迎え,充実した脳内視鏡手術体制の構築を進めています。形成外科においては,極めて守備範囲の広い古川教授が就任をしましたので,パワーアップする事は間違いありません。

多くの患者さんが短期間に社会復帰ができるよう,入院直後から治療を開始できるように入退院支援センターの機能拡充を図り,体力や身体機能を戻す為の集中リハビリテーション病棟におけるリハ訓練時間を増加させるように取り組んでおります。愛知医科大学病院を受診していただいた貴重な症例を学生教育に生かし,明日を支える医療人材育成を推進したいと思っております。

県内の救急災害医療の拠点病院として,災害医療研究センターを設置し,災害医療研究や教育,災害医療の啓発活動に積極的に取り組み,南海トラフ大地震に備える役割を果たせるように努めております。

愛知医科大学は,21世紀における新しい医療の在り方を提示する為,教育・研究・診療の全てにおいて,効率化を実践し,成果を上げてまいります。

プロフィール

略歴

1976年3月 名古屋大学医学部医学科卒業
1976年4月 豊橋市民病院研修医
1981年3月 名古屋大学大学院医学研究科・博士課程整形外科学・単位取得退学
1997年4月 名古屋大学医学部助教授(整形外科学講座)
1997年5月 愛知医科大学医学部教授(整形外科学講座)
2002年4月 愛知医科大学医学部附属病院病院長
2005年2月 愛知医科大学副学長・経営改革推進室長
2005年5月 新病院建設委員会委員長
2011年6月 学校法人愛知医科大学理事・評議員
2014年4月 愛知医科大学学長

所属学会

1991年~2015年 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
1998年~2015年 日本小児整形外科学会 評議員
1999年~2001年 日本整形外科学会 評議員
2001年~2015年 日本整形外科学会 代議員
2007年~2009年 日本整形外科学会 理事