看護学部

令和3年度 看護実践研究センター 地域保健活動セミナーを開催しました

2021.11.04

令和3年10月30日(土)地域保健活動セミナー『地域活動や看護に活かそう!フレイル予防の基礎知識とまちづくり』をオンラインで開催致しました。


本セミナーでは,東北大学大学院公衆衛生看護学分野,藤﨑万裕講師をお招きし,フレイルの概念と予防,さらにはフレイル予防の地域活動やまちづくりの実際をご講義頂きました。超高齢社会である日本において,高齢者の健康と生活の質を高める「健康寿命」延伸のため,高齢者の虚弱を予防し,豊かなエイジングを支えていくことは看護職の重要な役割となります。千葉県柏市でのフレイル予防戦略や,学官民のコラボレーションなどの具体的な内容をご紹介頂いたことで,今後地域で,病院で,何から取り組み始めればよいかの示唆を得られるセミナーとなりました。

本セミナーには行政や地域包括支援センターおよび病院から36名の方が参加されました。講義終了後にはたくさんの質問が寄せられ,本セミナーに対する受講生の関心の高さがうかがえました。また,受講後のアンケート結果からもセミナーの満足度は高く,「自分の住む地域の特性をふまえて柏市のような取り組みが出来るかについて今後検討していきたいと思った」「フレイル予防の取り組みへの企画意欲が湧きました」などの感想が寄せられました。

当日の模様


地域保健活動セミナー

〖お知らせ〗

〖紹介動画〗

お問い合わせ先

看護学部附属看護実践研究センター
TEL:0561-63-1598[直通]
E-mail:kangoprc@aichi-med-u.ac.jp