看護学研究科 教育訓練給付金

教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金のご案内

愛知医科大学大学院看護学研究科高度実践看護師(診療看護師)コースは、厚生労働大臣より,教育訓練給付金の専門実践教育訓練として指定を受けています。一定の条件を満たせば,2年間で最大112万円の給付が受けられます。

専門実践教育訓練での「教育訓練給付金」制度とは

働く人の主体的で,中長期的なキャリア形成を支援し,雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者),または一般被保険者であった方(離職者)が,厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合,本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。(ハローワークHPから抜粋)

なお,専門実践教育訓練給付金の制度等の詳細につきましては,以下,ハローワークや厚生労働省のWebページも併せて必ずご確認ください。

支給される金額

本学にて専門実践教育訓練の指定講座を受講し,一定の要件を満たす場合は,最大112万円が支給されます。支給額は以下の通りです。

専門実践教育訓練
受講中 修了後
支給額
※受講者が支払った学費に対する割合
50% 自己負担額総額の20%追加支給(※)
支給額の上限 40万円/年 32万円
支給期間 2年

※ 診療看護師(NP)資格認定試験に合格し,かつ修了した日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された場合

対象となる方

「専門実践教育訓練給付金」は,大学院大学院看護学研究科高度実践看護師(診療看護師)コースの学生が対象です。

受給に必要な雇用保険の被保険者期間・支給要件

<初めて受給する場合>
講座の受講開始日までに,通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有していること。また,受講開始時点で被保険者でない場合は,資格喪失から1年以内であること。

<過去に受給したことがある場合>
専門実践教育訓練給付制度を2回目以降にご利用の方は,1回目ご利用後,3年以上の雇用保険被保険者期間が必要です。
2回目の受給となる場合,10年間の給付総額は 168万円が上限です。

※受給資格の有無はハローワークにて確認・判断されますので,ご自身の受給資格の有無については直接ハローワークへお問い合わせください。

「専門実践教育訓練給付金」給付までの手続き

給付のお手続きには,「受講前申請」が必須です。

事前準備として,ハローワークにてご自身で入手いただく書類がございます。また,ご勤務先に発行いただく必要がある場合もございますので,必ず詳細をご確認の上,期限に間に合うよう手続きをお進めください。

受講前:ハローワークでの受講前申請

<【事前準備】ハローワークでの受講前申請で提出する書類を入手>
受講前申請手続きにおいて,提出書類として必要となるため,申請手続きの前に,ご自身にて,以下(1)か(2)のいずれかの書類を入手してください。 ※書類入手までに時間がかかる場合もございます。どちらの書類が必要になるかだけでも、早めにご確認いただくことをお薦めします。

(1) 「専門実践教育訓練の受講に関する事業主の証明書」
(2) 「ジョブ・カード」

<上記書類の入手方法>
(1) ハローワークで,様式「専門実践教育訓練の受講に関する事業主の証明書」を入手し,必要事項を記入の上,ご勤務先に提出し,証明書として発行していただきます。様式は以下からもダウンロードいただけます。

(2) 訓練前キャリア・コンサルティング"を受け,「ジョブ・カード」の交付を受けます。
     ご自身の住所を管轄するハローワークにお問い合わせください。

【本申請】ハローワークでの受講前申請/提出書類
以下の書類を揃え,ご自身の住所を管轄するハローワークにて,直接ご申請ください。

(1)教育訓練給付金及び教育訓練支援給付
金受給資格確認票
用紙はハローワークで配布しています。(ご自身で記入)
用紙の「7」の欄には以下をご記入ください
指定番号:【730811910010】
教育訓練施設の名称:【愛知医科大学大学院看護学研究科】
教育訓練講座名:【高度実践看護師(診療看護師)コース】
(2)「専門実践教育訓練の受講に関する事業主の
証明書」または「ジョブ・カード」
ハローワークでの本申請手続き前に,ご自身でご準備いただく提出書類です。
(3)-① 本人・住所確認書類として「運転免許証」
または「住民基本台帳カード」
(3)-② 個人番号(マイナンバー)確認書類 以下のいずれかをお持ちください。(コピー不可)
・ マイナンバーカード
・ 通知カード
・ マイナンバーの記載のある住民票の写し
(4)雇用保険被保険者証 手元にお持ちでない場合は、勤務先にご確認ください。
(5)教育訓練給付適用対象期間延長通知書 適用対象期間の延長をしていた場合に必要です。
(6)写真2枚 最近の写真,正面上半身,縦3.0cm×横2.5cm
(7)払渡希望金融機関の通帳または
キャッシュカード
申請者ご本人名義の通帳またはキャッシュカードをご提示いただくことで,(1)の受給資格確認票で必要な『払渡希望金融機関による確認印』を省略できます。なお,一部指定できない金融機関があります。
(8)証明書などの添付書類 郵送による申請(やむを得ない理由があると認められた場合に限る)の場合に必要です。詳細は,ハローワークのWebページをご確認ください。

なお,専門実践教育訓練給付金の制度等の詳細につきましては、最寄りのハローワークへ必ずご確認ください。

【支給申請】修了後(1ヶ月以内)

追加支給分の支給申請期間は,修了日の翌日から起算して1ヶ月以内となります。受講中と同様に必要書類を持参しハローワークへ申請してください。
「追加給付」を受けることができるのは、受講した講座が目標としている資格(日本NP教育大学院協議会 診療看護師(NP)認定試験)を取得し,かつ修了した日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用されている場合です (一般被保険者として雇用されている方は,専門実践教育訓練を修了し,かつ,資格取得等した日の翌日から1ヶ月以内の申請が必要です)。