耳鼻咽喉科学講座

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は,主要な感覚器(聴覚・平衡・嗅覚・味覚),上気道,上部消化管,コミュニケーション,表情表出器が関係するため,臓器別,系統分類別でも多くの多臓器と強い有機的結合をもっている。したがって,常に全身・全人格の中に位置づけて相対する態度を育成することが目標である。

教育方針

他科に進んでからでも,耳鼻咽喉科医が示すデータ・所見を理解し,患者への説明・治療にフィードバックできる知識を学んで,習得できることを目標にしている。

活動・研究内容

中耳疾患・めまい平衡機能障害の基礎的臨床研究を行っている。また,頭頸部癌では,細胞レセプターを標的に細胞レベルにおける癌研究を行っている。睡眠時無呼吸では,特に小児において臨床症状から重要度を分類し,治療へ役立てられるかどうか臨床検討を行っている。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
植田 広海 教授 耳科学
小川 徹也 教授(特任) 頭頸部悪性腫瘍および良性腫瘍,頭頸部腫瘍外科,抗癌剤治療,放射線治療 
谷川 徹 准教授 耳科学
内田 育恵 准教授(特任) 耳科学,聴覚学
車 哲成 講師 耳科学,平衡,鼻科学
佐野 塁 講師 頭頚部癌,頭頚部腫瘍,頭頚部外科
西村 邦宏 講師 鼻科学(経鼻内視鏡手術)

研究テーマ

氏名 研究テーマ
植田 広海
  • 真珠腫・耳硬化症における手術法の改良
小川 徹也
  • プロテオーム解析による抗癌剤耐性化機序の解明
  • 頭頸部癌における新規免疫治療の開発
谷川 徹
  • 内耳の形態研究
  • 再生医療
内田 育恵
  • 加齢性難聴の大規模疫学研究
車 哲成
  • めまいの治療
佐野 塁
  • 頭頚部癌におけるがん免疫抑制環境因子に関する研究
西村 邦宏
  • 拡大経鼻内視鏡手術法の改良,抗癌剤耐性化因子の網羅的解析

主な研究業績

  1. Nishimura K;Takahashi Y;Yamagishi Y;Banno S;Uchida Y;Tanigawa T;Naito M;Kakizaki H;Ueda H;Ogawa T. Advanced surgical technique for invasive fungal sinusitis:endoscopic orbit-sinus combined approach. Minim Invasive Ther Allied Technol 26;5:307-13 2017
  2. 内田育恵;植田広海.サーファーズイヤー(外耳道外骨腫)の手術経験 頭頸部外科 27;1:11-6 2017
  3. 内田育恵;杉浦彩子;鈴木宏和;植田広海;曾根三千彦;中島務.一般地域住民を対象とした難聴発生を予測する因子の縦断的検討 日本耳鼻咽喉科学会会報 120;7:923-31 2017
  4. Horibe Y ;Tanigawa T;Shibata R;Nonoyama H;Kano F;Yamaguchi S;Murotani K Ogawa T;Ueda H. Efficacy of the red blood cell distribution width for predicting the prognosis of Bell palsy:a pilot study. Eur Arch Otorhinolaryngol 274;5:2303-6 2017
  5. 車哲成;谷川徹;内田育恵;小川徹也;植田広海.急性感音難聴、めまいで発症した椎骨脳底動脈閉鎖例 耳鼻咽喉科臨床 110;7:445-9 2017
  6. 清水崇博;植田広海;小川徹也.難聴をきたした外耳道皮下気腫例 耳鼻咽喉科臨床 110;10:651-6 2017
  7. 21, Nishimura K, Takahashi Y, Naito M, Kakizaki H, Ueda H, Ogawa T; Advanced surgical technique for invasive fungal sinusitis endoscopic orbit-sinus combined approach. Minimally Invasive Therapy & Allied Technologies 21:1-7 2017

キーワード

聴覚,難聴,臨床耳科,真珠腫,耳硬化症,平衡,めまい,感覚器,鼻科学,頭頸部癌,いびき,無呼吸,鼻アレルギー

関連リンク

連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
内線:22736 愛知医科大学 耳鼻咽喉科学講座