消化器外科

平成26年3月愛知県がんセンターより佐野力新教授が就任し,本講座では臓器別診療グループ体制を敷くことにより,専門医による臓器特異的な治療法が導入されるようになりました。肝胆膵グループ,上部消化管グループ,下部消化管グループ,小児グループに分かれグループごとの症例検討により最適な治療方針の検討が行われています。一方で,消化器外科全体での症例検討会の充実も図られ,手術適応から手術の質の評価,患者管理法から,合併症の治療に至るまで,グループ横断的に検討されています。専門領域のみならず他のグループからの意見を聞くことで,より良い治療の実践が図られています。他部門との連携においては,臨床腫瘍センターと共同で集学的治療の開発に取り組んでいます。消化器内科との間では,定期的検討会を肝胆膵と消化管に分かれて実施しているのに加え,救急疾患については連絡会を行い,外科的治療の導入に遅れが生じないようにしています。 臨床が中心である中,周術期のQOL評価や,胃癌腹膜播種に対する腹腔内化学療法の先進医療としての臨床研究参加などを通じ,医学研究への発展にも尽力しています。

教育方針

本院の特性として,高度医療実施機関として高度進行悪性腫瘍や併存症を有する治療困難症例が多い一方で,地域の基幹病院として虫垂炎や鼠径ヘルニアといった良性疾患の患者も多く,外科初期研修を行うのに非常に適した病院です。臓器別診療グループの半年から1年におよぶローテート研修の中で専門性の高い治療を学ぶ一方で,一般的な疾患に対する消化器外科初期研修を実施しています。
また,本人の希望に応じて,他の医療機関との連携の下,地域中核病院あるいはセンター病院での外科研修も行っていただいています。鏡視下手術領域では若手外科医の技術取得のため,レベルアップのためのセミナーに参加したり,動物ラボでのトレーニングを実施しています。また国内学会,国際学会への積極的な参加をすすめ,人材の育成に尽力しています。

活動・研究内容

臨床面においては,鏡視下手術を積極的に導入しています。現在では良性の消化管疾患,小児疾患,胆のう疾患,鼠経ヘルニア,胃癌,大腸癌においては進行癌に対しても鏡視下手術を施行しています。また,進行癌症例を中心に他施設と共同で新しい化学療法治療の開発を目的とした臨床試験に積極的に参加することで,患者さんにとってより良い治療の開発へ努力しております。今後は保険収載に伴いロボット手術の導入もされます。他施設と共同で新しい治療法の開発を目的とした臨床試験に積極的に参加することで,患者さんにとってより良い治療の開発へ努力しております。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
佐野 力 教授 消化器外科,肝胆膵外科
金子 健一朗 教授(特任) 小児外科
小松 俊一郎 教授(特任) 消化器外科,下部消化管外科,内視鏡外科,ロボット外科
深見 保之 講師 消化器外科,肝胆膵外科,内視鏡外科,ロボット外科
齊藤 卓也 講師 消化器外科,上部消化管外科,内視鏡外科,ロボット外科
大澤 高陽 助教 消化器外科,肝胆膵外科,内視鏡外科
内野 大倫 助教 消化器外科全般
安井 講平 助教 消化器外科全般
加藤 翔子 助教 消化器外科全般,小児外科
戸田 瑶子 助教(医員助教) 消化器外科全般
花澤 隆明 助教(医員助教) 消化器外科全般
福山 貴大 助教(医員助教) 消化器外科全般
松下 希美 助教(医員助教) 消化器外科全般
倉橋 岳宏 助教(専修医) 消化器外科全般
白井 信太郎 助教(専修医) 消化器外科全般
大岩 立学 助教(専修医) 消化器外科全般

研究テーマ

氏名 研究テーマ
佐野 力
  • 肝胆膵疾患に対する外科治療
金子 健一朗
  • 小児外科疾患の外科治療
小松 俊一郎
  • 大腸疾患の外科治療,鏡視下手術
深見 保之
  • 肝胆膵疾患に対する外科治療,鏡視下手術
齋藤 卓也
  • 食道胃疾患の外科治療,鏡視下手術,ヘルニアの外科治療
大澤 高陽
  • 消化器外科全般
内野 大倫
  • 消化器外科全般
安井 講平
  • 消化器外科全般
加藤 翔子
  • 消化器外科全般,小児外科疾患の外科治療
戸田 瑶子
  • 消化器外科全般
花澤 隆明
  • 消化器外科全般
福山 貴大
  • 消化器外科全般
松下 希美
  • 消化器外科全般
倉橋 岳宏
  • 消化器外科全般
白井 信太郎
  • 消化器外科全般
大岩 立学
  • 消化器外科全般

キーワード

肝胆膵外科,胃・大腸・肝臓に対する鏡視下手術,消化器癌に対する集学的治療,消化管再建法の工夫,周術期栄養管理

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

消化器外科ホームページ(学外)