血液内科

血液内科は,教育,診療,研究にバランスのとれた医学生と臨床医の養成を目標にしています。教育では,看護師や薬剤師,検査技師など様々なスタッフや各診療科と緊密に連携し,患者さんが安心して診療を受けられる質の高い医療を提供する人材育成に努めています。研究は,造血器腫瘍(白血病,骨髄異形成症候群,悪性リンパ腫,多発性骨髄腫,骨髄増殖性疾患など)や造血障害(再生不良性貧血,発作性夜間血色素尿症など),造血幹細胞移植の基礎・臨床研究が中心です。これらに加え,血液異常(貧血・多血,血小板減少・増加,白血球減少・増加など),リンパ節腫脹,出血・血栓症(特発性血小板減少性紫斑病,血栓性血小板減少性紫斑病,溶血性尿毒症症候群など),がん化学療法と感染症・臓器障害を含む合併症予防・治療など,全身を管理しながら,血液疾患および腫瘍全般の診療を行っています。

教育方針

卒前教育では知識だけでなく,病態,原因検索の手法,診断法を理解し,適切に対処する方法を身につけさせます。臨床実習(BSL)では知識,技術,価値観,態度の習得に努め,患者の診察,検査にも参加させ,血液疾患の特異性を認識するとともに患者の感情も理解させます。

卒後教育では典型的な症例を受け持たせ,受け持った症例については学会での発表を義務付けます。

活動・研究内容

  1. 造血器腫瘍の分子病態解明による新規分子標的治療開発
  2. 急性白血病の増殖様式,特にサイトカイン依存性エネルギー代謝の解明による病型特異的新規治療法開発
  3. 白血病分化誘導治療薬の作用機序と腫瘍外効果の探索研究
  4. 多発性骨髄腫の分子病態解明と新規治療法開発
  5. メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の分子病態解明と新規治療法開発
  6. 特異的マイクロRNA阻害薬と抗酸化ポリフェノールによるNK活性誘導効果を利用した新規がん治療法開発,免疫療法
  7. 造血幹細胞移植の基礎と臨床,ドナー選択法と効果・安全性向上
  8. 造血障害の病態解明と非侵襲性診断法開発
  9. 多施設共同臨床研究(日本成人白血病研究グループ,日本臨床腫瘍研究グループ,日本骨髄腫学会,名古屋血液骨髄移植グループ,日本造血幹細胞移植学会ワーキンググループ,世界血液骨髄移植ネットワーク など)

スタッフ紹介

氏名 職名
高見 昭良 教授
三原 英嗣 教授(特任)(兼務)
花村 一朗 教授(特任)
中山 享之 中央臨床検査部 教授(特任)(兼務)
渡会 雅也 講師
山本 英督 講師
水野 昌平 講師
高橋 美裕希 卒後臨床研修センター 講師(兼務)
水谷 元紀 助教
堀尾 知弘 助教
内野 かおり 助教
村上 五月 助教
髙杉 壮一 助教(専修医)
中村 文乃 助教(専修医)
金杉 丈 助教(専修医)
松村 沙織 助教(専修医)
今村 明 非常勤医師

研究テーマ

名前 研究テーマ
高見 昭良 内科学,血液病学,造血幹細胞移植,免疫療法,造血障害,非侵襲性血液疾患診断,輸血
三原 英嗣 内科学,血液病学,臨床腫瘍学,移植免疫
花村 一朗 内科学,血液病学,骨髄腫の分子病態解明と臨床応用,リンパ増殖性疾患,造血器腫瘍臨床
中山 享之 内科学,血液病学,輸血,血栓・凝固,癌微小環境
渡会 雅也 内科学,血液病学,造血器腫瘍臨床と新規治療戦略開発,リンパ増殖性疾患
山本 英督 内科学,血液病学,造血器腫瘍臨床と新規治療戦略開発,高齢者造血器疾患
水野 昌平 内科学,血液病学,骨髄腫の分子病態解明と臨床応用,造血器腫瘍臨床
髙橋 美裕希 内科学,血液病学,白血病治療薬の腫瘍外効果,自己免疫疾患への造血幹細胞移植,造血器腫瘍臨床
水谷 元紀 内科学,血液病学全般,急性骨髄性白血病への自家移植
堀尾 知弘 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
内野 かおり 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
村上 五月 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植,造血器腫瘍臨床
髙杉 壮一 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
中村 文乃 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
金杉 丈 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
松村 沙織 内科学,血液病学全般,造血幹細胞移植
今村 明 内科学,血液病学,血栓・凝固

主な研究業績

キーワード

造血器腫瘍,造血細胞移植

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 23540 血液内科医局(09:00 - 17:00)
FAX
0561-63-3401