地域看護学

乳幼児から高齢者までのあらゆる年代の人々を対象として,地域で生活する様々な健康レベルに応じた人々への健康支援について学びます。まずは人々が生活する地域を健康指標や保健医療福祉サービスなど様々な視点から地域を知り,実際に地域で生活する人々との対話を通して地域における健康課題や強みを理解します。さらに,個人・家族・集団を対象とした地域における健康増進・健康づくり・病気の予防・早期発見・早期治療・社会復帰といった様々な面から看護の展開について学びます。

教育方針

プライマリヘルスケア,ヘルスプロモーションなどの地域看護学の理念を基盤として,地域で生活する様々な人々の健康水準の向上を目指す地域看護の概要を教授します。教養科目群,専門基礎科目群および看護専門科目群を統合して,人間や社会との関係を深くとらえ,地域住民とのパートナーシップのもとで展開する保健師・看護師に不可欠な専門職としての基礎的能力を培います。

活動・研究内容

地域住民の組織活動による健康支援,特定の健康課題や健康障害をもつ人々への支援,行政・産業や医療分野で働く保健師の支援についての実践及び研究を行っています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
坂本 真理子 教授 地域看護学,国際地域看護学
若杉 里実 教授 地域看護学
淺野 いずみ 講師 地域看護学,国際地域看護学
二村 純子 助教 地域看護学

研究テーマ

名前 研究テーマ
坂本 真理子
  • 多文化に対応する子どもと親のための健康ハンドブックの開発
  • 保健師の歴史研究
  • 保健師活動の展開推進についての研究
若杉 里実
  • 保健師の人材育成について
  • キャリア発達と職務満足感について
  • 慢性の痛みに対する看護教育
淺野 いずみ
  • 在留外国人の健康支援について
  • 発達障害児を育てる在留外国人への支援
二村 純子
  • 住民組織による保健活動について
  • 看護学生のヘルスプロモーション

保健師課程

保健師課程を選択する場合は,保健師国家試験受験資格必須科目を履修する必要があります。保健師国家試験受験資格必須科目のうち,『公衆衛生看護実習』は,保健師課程を選択した学生のみの履修となります。『公衆衛生看護実習』では,社会集団を対象とした,行政や産業分野におけるヘルスプロモーション活動に参加し,そこで暮らす住民,企業で働く社員とともに必要な支援について実習し,保健師としての基礎的実践能力を培います。具体的には,地域看護過程で地域をとらえ,健康診査,家庭訪問,健康相談,健康教育やグループ活動など様々な保健活動に参加し,計画・実施・評価の一連のプロセスを学習します。なお,保健師国家試験に合格することで,養護教諭2種免許,第1種衛生管理者免許を取得することができます。

卒業生支援

保健師として働く卒業生の集い保健師として就職した卒業生への支援として,卒業生とともに卒業生のつどい『りぼんの会』を結成し,毎年5月から6月頃に交流会を行っています。その他,平成24年度からは卒業生のニーズに基づき,産業看護職支援としての学習会や新人保健師支援を定期的に行っています。

キーワード

プライマリヘルスケア,ヘルスプロモーション,地域住民,保健師,健康づくり支援,自立支援

関連リンク


連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
内線:坂本 23254 / 若杉 23365/ 淺野 13454/ 二村13361
FAX
0561-63-1093