精神看護学

精神看護学は,「精神障害」をもつ人への援助だけではなく,看護のあらゆる領域におけるこころの健康維持・増進にかかわる看護学です。
人は、生きていくなかでさまざまな出来事に遭遇し「生きにくさ」と直面します。しかし、何らかの方法で危機を乗り越えられれば、それは単なる脅威ではなく成長のチャンスにもなります。人には自分らしく生きていく権利があり、すべての人が変化と成長の可能性を持っています。それは「精神障害」をもつ当事者・家族だけでなく,すべての人に(もちろん看護師自身にも)あてはまります。
精神看護学領域では、こころの健康維持・増進を目指し,人がさまざまな人とつながり自己実現へと向かうプロセスを支えるための精神的・身体的・社会的な援助を様々な角度から学び,実践し,探究します。

教育方針

視覚的な看護過程教材の作成の様子

人の抱える「生きにくさ」や,その人にとって何が回復であり支援となりうるのかは個別性が高くなかなか数字や文字には表れません。精神看護学にはケアの本質にかかわることが多く詰まっていますが,その一方で,「目に見えにくい」「唯一の絶対的な正解がない」という特徴があります。そこで,具体的な事例から受講者それぞれが自分の言葉で考え,表現し,他者と意見を交わらせることを通じて,「精神『科』看護」だけでなくより幅広い「精神看護」の視点や考え方,援助方法を探究するプロセスを大切にします。
講義では,精神保健および精神看護の基盤となる人間理解を目的とし,心理行動上の諸問題を人格の成り立ちや家族・集団などの関係性から捉える考え方を理解します。また,精神看護の概念,精神医療・保健・看護の変遷や課題を踏まえ,精神に健康障害をもつ人々が自己実現をめざしてその人らしく生きていくための援助方法を理解します。さらに,人との関わりのなかで生じた自らの気持ちを振り返り、看護職者のメンタルヘルスの理解を深めます。
演習・実習では,グループワークやカンファレンスを通じて,患者理解だけでなく,治療的関係を築き援助をしていくために必要となる自己理解や関係性のアセスメントの視点も体験的に学びます。

活動・研究内容

左から小久保,心光,児玉

精神看護実践の質を高めるには,対象理解や援助方法の探求だけでは不十分で,看護師の視点やありよう,援助の意味を捉え直すことや,看護師側のメンタルヘルスや治療の場のダイナミクスなどを考えていくことも非常に重要です。また,人の抱える「生きにくさ」は個人の問題だけでなく,家族や集団,地域社会の問題でもあるため,周辺の人々や環境についての理解を深め示唆を得ることも,精神看護と深くかかわってきます。実践や研究を進めるにあたって多種多様なアプローチ,視点が特に大切なのが精神看護学領域です。

精神看護学領域では,個性豊かなメンバー3名で,それぞれの強みや学問的・実践的背景を生かしながら精神看護を探究しています。
心光は,精神科病棟看護における自己決定支援について学際的な研究プロジェクトを進めながら,その人主体のリカバリーを支えるという観点から精神看護を捉え直しています。また,臨床哲学者らとともに,看護職やコメディカルを対象とした哲学カフェ活動を行い,対話を通じた支援者支援について検討しています。
児玉は,精神障害を持つ人の家族にかかわる看護師の体験や精神科病棟の身体ケアの意味の探求を通じ,精神看護のありようを捉え直しています。
小久保は,専門看護師(CNS)としての専門性を活かして臨床でのコンサルテーション活動を行いつつ,看護師のメンタルヘルスに関する研究を進めています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
心光 世津子 教授 精神看護学
児玉 まゆみ 講師 精神看護学
小久保 知由起 助教 精神看護学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
心光 世津子
  • 精神科看護における自己決定支援に関する研究
  • 精神障害からの回復・リカバリーに関する研究
  • セルフヘルプ・グループやピアサポートに関する研究
  • 精神看護学教育に関する研究
児玉 まゆみ
  • 精神科における身体的ケアの意味に関する研究
  • 精神障害者の家族に関わる看護師の体験に関する研究
小久保 知由起
  • 認知行動に関する研究
  • 看護師のメンタルヘルスに関する研究

キーワード

リカバリー,自己決定,セルフヘルプ・グループ,ピアサポート,身体的ケア,家族看護,メンタルヘルス

関連リンク


連絡先

直接研究室にお問い合わせください。

TEL
外線:0561-62-3311(代表)