母子看護学

母子看護学領域は,女性の生涯を通じた健康(ウィメンズヘルス)と成長・発達の過程にあるあらゆる健康レベルの子どもと家族の看護について学びます。子ども、これから親になるという女性,妊産婦,母親,父親らが、その人として、また家族として発達の過程を踏み、より健やかにその人・その家族らしく生活を送るための支援について,多角的にとらえ深めていきます。

教育方針

講義や演習を通して,子どもと家族それぞれのその人らしく生きる権利や倫理をふまえ看護の果たすべき役割を考え,実践につなげていきます。対象者の意思を尊重し,生命への畏敬の念やかかわる人々の想いに耳を傾けることができることを期待します。

活動・研究内容

愛知医科大学病院をはじめとした近隣の周産期施設,母子保健活動との連携を行い,実践および研究を行っています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
山本 弘江 准教授 母性看護学
大須賀 美智 准教授 小児看護学
深谷 基裕 准教授 小児看護学
赤荻 純子 講師 小児看護学
小島 德子 講師 母性看護学
林 文子 助教 母性看護学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
山本 弘江
  • 乳児をもつ夫婦の産後うつの実態と家族を支える地域連携モデルの開発
  • 夫婦に対する産後うつ病予防に関する看護介入
  • 親の育児ストレスに関する研究
  • 夫婦の産後うつ予防と早期介入のための多職種研修プログラムの開発
  • 子育て期の家族のメンタルヘルスに着目した支援とソーシャルキャピタルのあり方の検討
大須賀 美智
  • 障害のある子どもと家族に関する研究
  • 在宅ケアを行う子どもと家族に関する研究
深谷 基裕
  •  
赤荻 純子
  • 看護基礎教育における小児看護学実習のカリキュラムに関する研究
  • 子どもの睡眠に関する研究
小島 德子
  • 褥婦への足湯が及ぼす影響に関する研究
  • 乳汁分泌促進への支援に関する研究
  • 褥婦の乳頭形態と乳頭・乳輪の状態に関連する研究
  • 褥婦の乳房と授乳に関連する研究
  • 母子分離状況下にある褥婦への足湯による乳房の変化が搾乳継続に関連する研究
林 文子
  • 妊娠糖尿病に関する、妊婦の身体活動を支援
  • 無痛分娩を希望する妊婦の分娩に対する恐怖感や、無痛分娩後の出産満足度を実態調査
  • 子宮がない女性(ロキタンスキー症候群、がん等で子宮全摘術を受けた女性)や卵巣機能不全の女性(ターナー症候群、早発閉経の女性)の、子どもを産みたい気持ちを受け止める活動

キーワード

母性,性と生殖,妊娠,分娩,産褥,新生児,育児,ヘルスプロモーション,リプロダクティブヘルス/ライツ,セクシャリティ,生涯発達,次世代育成,子ども,家族,成長・発達,相互作用,子どもの権利

関連リンク

連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
FAX
0561-63-1093