教育理念等

近年の保健医療福祉の変化に伴う看護への社会的・専門的要請に応えるべく,幅広い豊かな人間性を備え,保健医療福祉の知識はもとより,看護の専門知識に基づく高度な判断力・指導力をもつ臨床看護職者を育成し,併せて看護学の発展向上に寄与しうる指導者を育成するために,看護学の高等教育機関である看護学部を設置することとした。

教育研究上の目的

看護学部は,幅広い豊かな人間性を備え,看護の専門知識に基づく高度な判断力・実践力・指導力をもち,看護学の発展向上に寄与する看護職者を育成すること。

教育理念

人間の尊厳を重んじる豊かな感性と思考力を持ち,対象となる人々と共に健康と幸福を追求し人間的に成長する看護を提供できる専門職者を育成します。
科学の進歩と国内外の社会・医療環境の変化に幅広く対応できる質の高い実践者を育成します。また,教育・研究者としての資質を有し,看護学の発展に貢献する看護専門職者を育成します。

教育目標

  • 1 思いやりのある豊かな人間性を持ち,人間の尊厳と権利を擁護する倫理的判断力を持つ人材を育成します。
  • 2 科学的に分析し,明晰かつ批判的・発展的・論理的に思考するクリティカルシンキング能力を持つ人材を育成します。
  • 3 看護専門職者として,対象となる人々の健康と幸福を追求し,科学的根拠に基づく看護を提供できる能力を育成します。
  • 4 看護専門職者としての自律性を育むとともに,保健・医療・福祉の連携・協働に取り組む能力を育成します。
  • 5 グローバルな視点を持ち,地域社会の健康増進に貢献する人材を育成します。
  • 6 生涯学習に主体的に取り組み,教育・研究者としての資質を持ち,実践科学としての看護学の発展に貢献しうる人材を育成します。

学生支援に関する方針

愛知医科大学は,学生が学習に専念し,安定した学生生活を送ることができるよう,修学支援,生活支援,進路支援体制を整備するとともに,修学支援・学生支援部門及び関係委員会等を設置して,学生の学業生活に関する様々な事項を審議検討します。

◆ 修学支援

  • 指導教員(アドバイザー)制度を導入して修学に関する支援を行う。
  • 学内施設の整備を行い,充実した学修環境を提供する。
  • 留年者,休学者及び退学希望者の状況を把握して対策を講じる。
  • 教育効果を検証し,教育内容とカリキュラムの改善に取り組む。
  • 成績優秀者及び経済的に就学が困難な者への奨学制度の充実を図る。
  • 障がいのある学生に対し,個々の状況に応じた学修が受けられるよう支援する。

◆ 生活支援

  • 指導教員(アドバイザー)制度を導入して学生生活に関する支援を行う。
  • 保健管理センターを中心とした学生の健康管理を行う。
  • 学生相談室を整備して相談員による学生相談を行う。
  • 課外活動に対する支援を行う。
  • ハラスメント防止に向けた取り組みを行う。

◆ 進路支援

  • 国家試験受験対策を行い,合格率の向上を図る。
  • 指導教員(アドバイザー)等による就職支援を行う。
  • 大学病院等と連携して進路に関するガイダンスを行う。
  • 卒業後の進路に関する情報提供を行う。
  • 入学時成績から在学中の成績,卒後進路について情報を収集及び分析する。

学生数

在学生数

収容定員:400名

  1学年次 2学年次 3学年次 4学年次
3 5 5 8 21
98 103 99 92 392
101 108 104 100 413

※31.4.1現在

卒業者数

  平成15~25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
96 6 5 7 1 10 125
1,052 117 103 99 100 97 1,568
1,148 123 108 106 101 107 1,693