産婦人科学講座

主任教授 若槻明彦

主任教授 若槻明彦

愛知医科大学産婦人科学講座は,初代の渡辺金三郎先生,2代目石原 実先生,3代目中西正美先生,4代目野口昌良先生に次いで私が5代目であります。 臨床の特徴としては,年間1,000症例近くの手術をこなしており,なかでも腹腔鏡下手術が中心です。平成29年3月には子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術で先進医療を獲得いたしました。また,周産期センターも2013年に地域周産期母子医療センターに認定されております。母体搬送症例数も多く,日夜新生児医師と連携しながら頑張っております。

教育方針

医局は多忙ではありますが,家族的でアットホームな雰囲気です。是非,共に臨床,研究をという意志をお持ちの方は遠慮なくご連絡ください。

活動・研究内容

研究面において,まず周産期医学では妊娠高血圧症候群の病態解明を中心に,腫瘍学では新しい内容について,また女性医学では女性の予防医学を中心に行っております。特に女性医学には力を注いでおり,1)エストロゲンと動脈硬化(血圧や脂質,糖尿病など女性内科が中心),2)骨粗鬆症,3)子宮内膜症,4)ホルモン療法(ピルやHRT)など幅広く視野で研究を行っており,一流国際ジャーナルにも数多く掲載されております。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
若槻 明彦 主任教授 腹腔鏡下手術
周産期医学
更年期医学
性差医学
篠原 康一 教授(特任) 女性医学
腹腔鏡下手術
周産期医学
渡辺 員支 教授(特任) 周産期医学
野口 靖之 准教授(特任) 産婦人科感染症
松下 宏 准教授(特任) 女性医学
婦人科腫瘍学
森 稔高 講師 産婦人科一般
周産期医学
岩﨑 愛 助教 産婦人科一般
橘 理香 助教 産婦人科一般
斉藤 拓也 助教・大学院生 産婦人科一般
吉田 敦美 助教 産婦人科一般
大脇 佑樹 助教・大学院生 産婦人科一般
清水 沙希 助教 産婦人科一般
守田 紀子 助教 産婦人科一般
櫻田 昂大 助教・大学院生 産婦人科一般
森本 翔太 助教(医員助教) 産婦人科一般
外科手術
石川 綾華 助教(専修医)・大学院生 産婦人科一般
岡本 知士 助教(専修医)・大学院生 産婦人科一般
岡本 宜士 助教(専修医) 産婦人科一般
杉山 冴子 助教(専修医)・大学院生 産婦人科一般
杉浦 一優 助教(専修医) 産婦人科一般
藤原 聖奈 助教(専修医) 産婦人科一般
藪下 廣光 客員教授 婦人科腫瘍学
木俣 清子 非常勤医師 産婦人科一般
篠原 左和 非常勤医師 産婦人科一般

研究テーマ

氏名 研究テーマ
若槻 明彦
  • 脂質異常症,骨粗鬆症,高血圧,糖尿病などの予防とエストロゲン
  • 脳性麻痺の発症予防とメラトニン
篠原 康一
  • 更年期における脂質代謝・糖代謝・骨粗鬆症,ホルモン補充療法
  • 内視鏡下手術
  • 子宮内膜症
  • 糖代謝異常合併妊娠
  • 妊娠高血圧症候群
渡辺 員支
  • 新生児脳障害発症機序の解明と予防法
  • 妊娠高血圧症候群発症における活性酸素と血管内皮機能障害との関連性
  • 妊娠高血圧症候群既往女性における中高年での脳心血管障害との関連性
  • 子宮内胎児発育遅延の病態解明と予防法
野口 靖之
  • 産婦人科感染症
松下 宏
  • 閉経後骨粗鬆症の病態解明と予防に関する研究
森 稔高
  • 妊娠高血圧症候群における活性酸素と血管内皮機能障害との関連性
岩崎 愛
  • 妊娠高血圧症候群発症における活性酸素と血管内皮機能障害との関連性
  • 子宮内胎児発育遅延の病態解明と予防法
橘 理香

斉藤 拓也

吉田 敦美
  • 子宮内胎児発育遅延の病態解明,妊娠高血圧症候群
大脇 佑樹
  • 合併症妊娠
清水 沙希
  • 合併症妊娠
守田 紀子
  • 閉経後骨粗鬆症の病態解明と予防に関する研究
櫻田 昂大
  • 合併症妊娠
藪下 廣光
  • 癌の浸潤・転移の基礎的,臨床的研究
  • 腫瘍増殖能およびアポトーシス
  • 腫瘍の分化誘導に関する実験的研究

キーワード

産科, 婦人科,周産期外来,更年期外来,腫瘍外来,内分泌外来, 周産期母子医療センター,腹腔鏡下手術,腹腔鏡下広汎子宮全摘術

関連リンク


連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
内線:22153

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

産婦人科学講座ホームページ(学外)