解剖学講座

多くの医学部において,解剖学は複数講座です。しかし,近年の医学教育改革の柱であるモデル・コア・カリキュラムや共用試験は,旧来の枠を外して総合的に組み直されています。そこで本学解剖学講座は「大講座制」によって肉眼解剖学と組織学の区分を廃し,肉眼解剖学・組織学・臨床解剖学の一貫した教育を行います。研究面においても,特定の分野にとどまらない広い視点を持った研究者の育成を目指しています。

教育方針

本講座は「大講座制」によって肉眼解剖学と組織学の区分を廃し,肉眼解剖学・組織学・臨床解剖学の一貫した教育を行います。
教育目標としての「良き臨床家を育成する」ため, 臨床解剖を重視しています。

活動・研究内容

肉眼解剖学から分子生物学に至る幅広い分野の研究を行っています。とくに,近年は高い根治性や術後のQOLを考慮した手術術式が求められているため,解剖学的所見を臨床に応用する臨床解剖学的研究に力を注いでいます。当講座は,週刊文春の「現役学生2000人が選んだ面白い,自慢の講義」に選ばれています。医学部から選出されたのは,全国で当講座を含めて2講座のみです。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
中野 隆 教授 組織学,臨床解剖
内藤 宗和 教授 肉眼解剖,臨床解剖
畑山 直之 准教授 肉眼解剖学
福重 香 助教 超微形態学,薬物送達学
大塚 俊 助教 肉眼解剖学,バイオメカニクス
名仁澤 英里 助教 細胞生物学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
中野 隆
  • 粘膜固有層膠原細線維の三次元構築
  • 角化の形態像
  • 運動器,末梢神経系の臨床解剖
内藤 宗和
  • ウルトラファインバブルの医療応用
  • 生体-器官系-臓器-組織-細胞-細胞内小器官-分子の保存
  • 電磁場エネルギーの生物への応用
畑山 直之
  • 臓器保存・移植
  • ウルトラファインバブルの医療応用
福重 香
  • ウルトラファインバブルの医療応用
  • 遺伝子デリバリーキャリアの開発
  • 生物発電システムの解明と応用
大塚 俊
  • 深筋膜の形態的・機能的特性の解明
  • ウルトラファインバブルの医療応用
名仁澤 英里
  • 食餌性因子が肝内環境および肝障害感受性に与える影響の解明
  • ウルトラファインバブルの医療応用

キーワード

大講座制, 肉眼解剖学, 組織学, 臨床解剖学

連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)
内線:12307
FAX
0561-61-0324