学位論文審査に係る評価の基準

学位規程

審査体制

1   審査委員会による論文審査

   ①   論文審査は,主査1名及び副査2名の計3名で行う。

   ②   論文審査は,主査の指示で訳20分の口頭発表を行った後に,主査・副査からの質疑に答える。

   ③   審査委員会による審査結果は,研究科委員会において審議され,議決される。

審査基準

提出された論文は,以下の基準によって審査を受ける。

  1. 指定された様式に従って記述がされている。
  2. 倫理的配慮がなされている。
  3. 研究の目的が明確である。
  4. テーマに沿って文献検討が十分にされており,地震の研究の位置づけが示されている。
  5. 看護学に対して当該研究の意義が明確である。
  6. 研究の方法が適切であり,かつ再現性のある具体的方法が表現されている。
  7. 研究目的に合致した結果が適切に述べられている。
  8. 研究結果に基づいて考察が適切に述べられている。
  9. 研究目的,方法,結果,考察に一貫性がある。
  10. 論文内容に関する質問に対して適切に回答できる