臨床実践看護学領域<診療看護師[NP]コース>

診療看護師(NP)とは,「本協議会が認める NP 教育課程を修了し,本協議会が実施するNP資格認定試験に合格した者で,患者の QOL 向上のために医師や多職種と連携・協働し,倫理的かつ科学的根拠に基づき一定レベルの診療を行うことができる看護師」と定義されています(日本NP教育大学院協議会)。 本領域では,(1) 日本NP教育大学院協議会の基準を満たすクリティカルケアとプライマリケア(成人・老年)領域の診療看護師(NP)養成教育, (2) 厚生労働省認可の看護師特定行為研修(21区分38行為),(3) 臨床実践看護学に関する研究と課題研究論文作成の3つの教育を柱としています。 診療看護師(NP)には,看護学を基盤として,診療とケアを統合した高度実践看護を提供する役割があります。修了生は,大学病院の高度急性期医療から,地域の基幹病院や在宅クリニックなどの地域・在宅医療の現場まで幅広く活躍しています。

教育方針

診療看護師[NP]コースでは,看護学研究科の教育理念である「看護現象に根差した人間存在の原理的・統合的・全人的理解」に基づき,看護学を基盤とした診療とケアを統合した高度実践看護を実践することができる診療看護師(NP)を育成することを目標としています。

活動・研究内容

学生活動

在学生の声「第1学年:藤澤さん」

私が診療看護師(NP)と初めて出会ったのは,看護学生時代に大学の短期留学でアメリカへ行ったときのことでした。留学先の病院見学では,看護師一人ひとりが自身の専門分野を生かし,一つのチームとして協力し合う姿が今も目に焼きついています。
私が,臨床で働いていく中においても看護師の専門性がより求められるようになってきていると感じています。
診療看護師(NP)として与えられる役割は大きくなると思いますが,私たちは看護師でありますので,いつも看護師の心と眼で医療チームと協力し合い,患者さんやご家族に良い看護を提供できるようになりたいと思っています。

在学生の声「第2学年:野澤さん」

私は看護師として10年間,急性期病棟や診療所での勤務ののち大学院に入学しました。
看護とは「ひとのいのちを輝かせること」だと考えています。「いのち」とは生命活動に必要な臓器が動いていつということだけでなく,物語としての人生がよりその人らしく輝くことだと思います。診断のプロセスや治療管理技術,医師との共通言語を学ぶことで,より深く「ひと」に寄り添うことができるのではと考え入学を決意しました。
入学し,講義を受ける中で,臨床で目にした数々の疾患に対し,その病態を主体のメカニズムと組み合わせることでより理解が深まっていくことを感じています。知識や技術を身につけて,その学びを臨床に応用できるように頑張りたいと思います。
修了後は医療や看護と「ひと」をつなぐ役割を担えればと思っています。

修了生の声「H27年度:布目さん」

診療看護師(NP)資格を取得して5年目となります。私は麻酔科に所属して麻酔科医師と共に麻酔管理を行っています。麻酔科では,術前評価から術中の麻酔計画の立案と実施,術後評価を行っています。麻酔科で活動する診療看護師(NP)として,患者さん一人一人に合わせた麻酔方法を立案,実施していくことが重要と考えています。鎮痛方法も手術部位や術式により細やかな調整を行い,悪心・嘔吐に関する対策も患者さんのリスクに合わせて実施しています。手術だけではなく,術後管理にも目を向けたデバイス選択を心がけています。写真のように術後長期間の点滴加療や高カロリー輸液を行うことが予想される患者さんに対して,PICCの挿入を麻酔中に行っています。医師や看護師など手術に関わる多職種からの信頼を受け,それぞれの思いの橋渡し役となることで円滑で安全な周術期医療に貢献できると考えています。
また,手術室以外でも看護師の知識や技術向上に向けた勉強会や認定看護師,専門看護師との協働も行っています。日本では診療看護師(NP)はまだ少数です。看護の視点を持って診療に関わることは悩むこともありますが,学びも多くとてもやりがいのある資格であると考えます。診療看護師(NP)の資格を取得し,協働できる日が来ることを楽しみにしています。

修了後の活動

「修了生の進路状況」

  • 愛知医科大学病院
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構 中京病院
  • 名古屋鉄道健康保険組合 名鉄病院
  • 社会医療法人大雄会 総合大雄会病院
  • 医療法人徳洲会 名古屋徳洲会総合病院
  • 独立行政法人国立病院機構 名古屋医療センター
  • 医療法人ゆずり葉会 宮川ホームケアクリニック
  • 社会医療法人蘇西厚生会 松波総合病院
  • 医療法人伯鳳会 東京曳舟病院
  • 聖マリアアンナ医科大学病院
  • 公益社団法人地域医療振興協会 東京ベイ・浦安市川医療センター
  • 社会医療法人愛仁会 高槻病院
  • 社会医療法人愛仁会 明石医療センター
  • 社会医療法人春回会 井上病院

愛知医科大学NP研究会(ANP研究会)

愛知医科大学では,ANP研究会を立ち上げ,年に数回の研究会を開催しています。修了生の多くは,それぞれの施設において1人で活動しています。1人で何もないところから,活動するためのシステムを作り,実践を行っていくのは容易ではありません。そこで,先輩修了生が,後輩修了生をサポートするとともに,相互に情報交換をすることが可能な場を作ることを目的として,研究会活動を行っています。
主な活動内容は,病院施設において診療看護師(NP)活動のシステムを立ち上げるための情報提供や,卒後臨床研修プログラムの作成,業務規程や特定行為手順書の作成方法などを情報交換会や勉強会の形式で行っています。この他にも,実践報告や共同研究としてデータ収集や,自施設ではできない研修を他施設で行う取組みも実施しています。
自施設に戻った際に,診療看護師(NP)が1人になったとしても,皆で協力しサポートできる活動を行っていますので,修了後も1人ではない安心感と心強さがあります。研究会には,大学院生も参加していますので,在学中から修了後に想定し得る様々な情報を得る場にもなっています。

NP教育に関わる講演会/特別講義の開催実績(2017~2020年度)

年月日 タイトル
2017年7月1日 看護学研究科セミナー「特定行為研修と医療体制のなかでの看護業務拡大」
2018年5月30日 公開講義「航空医療における診療看護師の活動」
2018年6月12日 公開講義「救急医療と在宅医療をつなぐ診療看護師の活動」
2018年6月30日 看護学研究科セミナー「急性期医療と在宅医療をつなぐ特定行為研修修了者の役割」
2019年2月22日 日米NP教育学術国際交流セッション
2019年6月8日 公開講義「離島・へき地における診療看護師の活動」
2019年8月3日 看護学研究科セミナー「日本のナース・プラクテショナー(仮称)の将来を考える」
2019年8月3日 第3回中部関西診療看護師研究会学術集会「拡張する臨床実践看護の創造」
2020年10月17日~11月16日 第6回日本NP学会学術集会「拡張する高度実践看護の探求~看護学を基盤とした人間と健康の理解~」


第6回日本NP学会学術集会


大会長:黒澤昌洋,副大会長:伊藤美佳・森一直 診療看護師(NP)


修了生課題研究論文テーマ(2017~2020年度)

  • ICU看護師の痛みに対する鎮痛剤使用の判断基準
  • 平時における体幹部大量出血の止血術に対する手術準備機械・器材調査
  • 特定行為研修受講の必要性に対する認識-地域の訪問看護ステーションに所属する施設管理者と訪問スタッフの比較調査-
  • 日本のへき地医療問題に関する文献研究
  • 米国Acute Care領域でのNurse Practitionerに関するOut comeの文献レビュー
  • 治療を嫌がるICU患者への診療看護師(NP)の臨床実践の分析
  • 急性期入院患者の異常を察知する診療看護師(NP)の臨床判断の分析
  • 消化器外科手術患者の手術部位感染予防に向けた栄養評価指標の検討
  • 診療看護師(NP)の精神的健康度に関する実態調査-精神的健康度とレジリエンス・首尾一貫感覚との関係性検討-
  • 診療看護師(NP)の倫理的感受性の特徴と体験する倫理的問題の実態調査
  • 看護師の疼痛に対する認識と共感性
  • 模擬診察における診療看護師(NP)のコミュニケーション分析-The Roter Method of Interaction Process Analysis System(RIAS) を用いて-
  • 診療看護師(NP)の自律性と情動知能の関係性の検討
  • 臨床実践における診療看護師(NP)との関わりを通して得られる看護師の認識
  • 診療看護師(NP)の役割獲得に向けたトランジションの様相

修了生課題研究投稿論文

課題研究は,学会への論文投稿することを推奨しており,修了後も論文投稿への支援を行っています。

  • 森一直(2017):日本における集中治療中に終末期を迎えた患者の家族ニードに関する文献研究,日本看護医療学会誌,19(1),P.21-26.
  • 津下和貴子(2018):手術前患者の口腔内衛生とその関連要因,インターナショナルNursing Care Research,17(1),P.19-26.
  • 高林拓也ほか(2019):看護を基盤とした診療看護師(NP)による全人的アプローチ,日本NP学会誌,3(2),P.11-20.
  • 加藤直輝ほか(2020):ICU看護師の痛みに対する鎮痛薬使用の判断基準,日本クリティカルケア看護学会誌,16,P.1-10.
  • 金田信哉ほか(2020):米国におけるAcute Care領域でのNurse Practitionerに関するOut comeの文献レビュー(日本NP学会誌 In press)
  • 服部貴夫ほか(2020):急性期入院患者の異常を察知する診療看護師(NP)の臨床判断の分析(日本NP学会誌 In press)

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
阿部 恵子 教授 医療コミュニケーション学
泉 雅之 教授 内科学,脳神経内科学
黒澤 昌洋 講師 理論看護学,クリティカルケア看護学
橋本 茜 助教 クリティカルケア看護学

研究テーマ

カリキュラムの特色

諸外国の高度実践看護師養成教育モデルを参考に,段階的に,系統化された教育を積むことで看護学修士としての看護の視点を伸ばしつつ,診療看護師(NP)として必要な知識・技術を修得することが可能です。そして,クリティカルケア・プライマリケアコースの両コース開設によって,より専門性を深めた教育を自身のキャリアプランに沿って学ぶことが出来ます。
看護系科目による看護学の学びとともに,医学系科目の医学に関する学びは,医学部講義を受講し医学生と同レベルの学びを深めます。各専門領域の医師による講義・演習,局所解剖演習,大学病院での演習・実習を行うなど,医学部・大学病院を併設するメリットを生かした教育を行っています。また,診療看護師(NP)が非常勤講師となり,診療看護師(NP)の視点から必要な実践的内容を教育しています。そして,総合学術情報センター,シミュレーションセンターなど充実した教育環境が,診療看護師(NP)に必要な学びを支援します。

年間スケジュール


科目概要


演習・実習風景


シミュレーション演習


模擬患者演習


医療行為演習(動脈ライン挿入)


医療行為演習(PICCの挿入)


医療行為演習(NPWT)


グラム染色演習


大学病院での演習(ECMO操作)

学修環境

診療看護師[NP]コースでは,専用の演習室を備えています。臨床推論ソフト,気管挿管・動脈穿刺・縫合シミュレーターや超音波診断装置も常備されています。シミュレーションセンターでは,高機能シミュレーターを用いてシミュレーションを行っています。
学習は,遠隔システムを用いたオンライン講義や,ICTを活用した学習支援システムにより自宅でも文献検索やレポートの提出ができるようになっています。研究室は24時間利用が可能で,各自にデスクとPCを貸与し,社会人が学習しやすい支援を行っています。大学院生には子育てをしながら進学をする方も多くなっています。


大学院研究室


大学院研究室

実習環境

実習は,愛知医科大学病院だけでなく,地域の中核病院,在宅診療専門クリニック,山間部や離島などの僻地の診療所などでも実習を行い,高度先進医療から地域医療まで幅広い対応が可能な診療看護師(NP)の育成を目的としています。

国際交流

国際的に活躍できる診療看護師(NP)を育成するために,諸外国のナース・プラクテショナーとの交流を行っています。米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学(Case Western Reserve University)とは協定締結を行っており,米国ナース・プラクテショナーによる講義を行っています。また,海外で活躍する日本人ナース・プラクテショナーの方の講義もオンラインで実施しています。2021年度からは,大学院での短期海外研修制度を開始し,海外でのナース・プラクテショナー研修が実施できるように計画しています。


米国NPによる講義


米国NP視察研修


米国NP視察研修


米国NP視察研修(フライトシミュレーション)

3つのポリシー(診療看護師(NP)コース)

高度実践看護師(診療看護師[NP])コースにおいては,研究科のポリシーに加え,次のとおり独自のポリシーを設定している。


入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

診療看護師[NP]コースでは,クリティカルケア・プライマリケア領域において,患者のQOL向上のために医師や多職種と連携・協働し、倫理的かつ科学的根拠に基づき高度な看護実践及び、診療を自律して行うことができる診療看護師(NP)を育成することを目標としている。そのため,以下のような資質と経験を有する人材を求める。

  1. クリティカルケア・プライマリケア領域における知識と実践経験を有する者
  2. 診療看護師(NP)として,クリティカルケア・プライマリケア領域における看護の発展と役割拡大を目指す意思を有する者
  3. チーム医療において,多職種と協働できる高いコミュニケーション能力を有する者
  4. 文化や価値観などの多様性に寛容な心と謙虚な姿勢を有する者

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

クリティカルケア・プライマリケア領域における高度な看護実践能力を修得するために,以下の方針に基づき教育課程を編成する。

  1. 診療看護師(NP)養成教育課程基準に基づいた共通科目,専門科目(実習,課題研究を含む)で構成する。
  2. 共通科目では,看護理論,看護倫理,看護研究方法論をはじめとした看護系科目により,診療看護師(NP)の実践を探求する基礎的能力を修得する。また,チーム医療・看護管理特論,保健医療福祉システム特論により,チーム医療・多職種協働を実践できる知識と思考を修得する。
  3. 専門科目では,高度実践看護特論,病態生理学特論,臨床薬理学特論,フィジカルアセスメント演習,疾病特論,臨床推論により,高度実践看護師に求められる知識と技術の基盤を学習する。また,呼吸器・循環器治療のための実践演習,ドレーン管理のための実践演習,疾病と治療 カテーテル管理と創傷管理,疾病と治療 薬物療法Ⅰ,疾病と治療 薬物療法Ⅱ,人体構造演習により,診療看護師(NP)に求められる知識と技術を修得する。また,クリティカルケア特論,プライマリケア特論において専門領域に必要な知識と技術を修得する。
  4. 実習科目では,クリティカルケア及びプライマリケアを必要とする人々への高度な看護実践及び診療の実際を学ぶことを通し,診療看護師(NP)の役割を担うための実践力を養う。
  5. 課題研究では,クリティカルケア及びプライマリケア領域における課題に取り組むことを通し,基礎的な研究能力の育成をはかる。
    これらの教育課程においては,厚生労働省特定行為研修指定研修機関としての特定行為38行為21区分の研修を含む。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

クリティカルケア・プライマリケア領域における高度な看護実践並びに課題解決と看護の質向上を推進していくために,以下の能力を身につけたものに学位,特定行為研修修了証,日本NP大学院協議会NP資格認定試験受験資格を授与する。

  1. 包括的健康アセスメント能力
  2. 医療処置管理の実践能力
  3. 熟練した看護の実践能力
  4. 看護管理能力
  5. チームワーク・協働能力
  6. 医療保健福祉の活用・開発能力
  7. 倫理的意思決定能力

出願資格等

 高度実践看護師(診療看護師[NP])コースに出願できるものは,下記の条件を満たし,募集要項に示した出願資格を有するものとします。

  • 医療機関における看護師としての実務経験を5年以上有する者
  • 修了時まで昼間の就学時間を確保できる者

 2020年度より,新たに「地域枠受験」を導入致しました。地域枠受験に出願する場合は,下記の条件を満たす者とします。

  • 愛知県内の医療関連施設に勤務する者で,所属施設長の推薦を得て,終了後は所属施設に勤務する者

詳細ついてはこちらをご確認ください。

 高度実践看護師(診療看護師[NP])コースは,文部科学省認定の「職業実践力育成プログラム(BP)」及び厚生労働省「教育訓練給付金」の専門実践教育訓練として指定を受けています。一定の条件を満たせば,2年間で最大112万円の給付が受けられます。

動画紹介

キーワード

診療看護師(NP),クリティカルケア,プライマリケア,看護師特定行為研修

関連リンク