感染看護学領域<修士論文コース>

医療関連感染や市中感染,地球規模での感染症の流行により,感染予防・感染管理に携わる看護専門職者には,専門的な知識を基盤とした高度な看護実践が求められています。感染看護学領域では,感染症に関わる事象を的確に捉え,高度な看護実践を提供していくことを探求しています。

教育方針

修士論文コースでは,感染という現象を科学的にとらえ,感染症に罹患した患者や易感染患者に,質の高い感染予防ケアを提供するとともに,施設及び地域で感染管理活動を推進していくことができる看護専門職者の育成を目指します。
特別研究では,医療関連施設における感染症患者及び易感染患者のケア,感染症に伴う倫理的問題への介入,施設及び地域における感染管理活動,災害時の感染防止,感染症集団発生時の疫学調査と感染拡大防止対策などについて探求し,感染看護学の発展と看護の質向上に寄与しうる研究論文の作成を目指します。

活動・研究内容

地域の医療関連施設における感染予防・感染管理を支援する活動をしています。研究活動では,看護ケアにおける感染予防をはじめ,感染予防教育,医療関連感染予防,地域における感染対策活動など,幅広く感染看護学に関することが研究課題となっています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
佐藤 ゆか 教授 感染看護学
長崎 由紀子 准教授 感染看護学
青山 恵美 准教授 感染看護学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
佐藤 ゆか
  • 感染予防・感染症看護に関する研究
  • 感染予防教育プログラムに関する研究
  • 感染防止における地域連携に関する研究
長崎 由紀子
  • 感染予防・感染症看護に関する研究
  • 高齢者施設における感染予防に関する研究
青山 恵美
  • 医療関連感染予防に関する研究
  • 感染管理,感染症看護に関する研究
  • 結核感染予防に関する研究

修了生の研究テーマ

修士論文

  • NICU看護師のケアにおけるMRSA伝播リスクの認識と感染予防ケアの実施状況
  • 非侵襲的陽圧換気療法を受ける早産児のデバイス関連ケアと感染予防ケアの実態調査
  • A総合病院における末梢静脈カテーテル関連血流感染(PLABSI)発生状況とその要因に関する検討
  • 細菌学的手法による絵本の衛生管理方法の検討
  • 血液透析室における看護師の手袋着用状況と手袋着用行動に関連する要因
  • 口腔ケアによる入院後肺炎予防効果―文献による検証―
  • 中心静脈カテーテル(CVC)ケアのマニュアル開発に関する研究―現状の問題点の把握からマニュアル試作まで―


キーワード