地域看護学領域

地域看護学領域では,地域看護学の基盤となる主要な概念と理論とその応用,地域看護実践で用いる援助方法等について学習したうえで,院生たちが持つ問題意識をもとに,本領域における重要課題について討議し,考察していきます。現在は行政分野や産業・医療分野の保健師として活躍する院生が学んでいます。院生たちは討論を通じて自己の研究課題を明らかにし,研究を進めます。大学院での学びや研究への取り組みがよりよい地域看護実践への貢献につながることを期待しています。

教育方針

地域看護学領域では,院生たちが日頃の仕事や活動で,気になること,もやもやしていること,改善してみたいこと,新たに取り組んでみたいことなどを,時間をかけて語ってもらうことから始めています。
仕事を持ち大学院で学ぶ院生が多いので,豊かな実践や感性を大事にしながら,問題を整理し,分析する力を育てていきたいと考えています。

活動・研究内容

スタッフは県内外の保健師研修や住民組織の支援などに積極的に取り組んでいます。また,各スタッフの持つバックグラウンドの強みを活かした看護研究を進めています。いずれも実践の場と研究とをつなぐフィールドワークを重視していることに共通点があります。今後も,実践の場で役立つ研究に取り組んでいきたいと思っています。

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
坂本 真理子 教授 地域看護学,国際地域看護学
若杉 里実 教授 地域看護学
淺野 いずみ 講師 地域看護学,国際地域看護学

研究テーマ

氏名 研究テーマ
坂本 真理子
  • 多文化に対応する子どもと親のための健康ハンドブックの開発
  • 地域で活動する保健師の異文化間看護能力育成プログラムの開発
  • 保健師の歴史研究
  • 保健師活動の展開推進についての研究
若杉 里実
  • 保健師の人材育成について
  • キャリア発達と職務満足感について
  • 慢性の痛みに対する看護教育
淺野 いずみ
  • 在留外国人の健康支援について
  • 発達障害児を育てる在留外国人への支援

キーワード

 

連絡先