看護学研究科

米国NP(Nurse Practitioner)研修報告について

2017.07.19

平成29年4月30日(日)~5月10日(水)に,佐藤芙佐子名誉教授と本学大学院看護学研究科高度実践看護師(診療看護師)コース修了生3名 (本学看護学部教員 黒澤昌洋氏,本学病院 牧野悟士氏,中京病院 伊藤美佳氏)が,Case Western Reserve University College of Nursing (CWRU)とCleveland Clinicを訪問しました。今回の目的は,診療看護師コース開設時にお世話になった方々への修了生の現状報告と,米国でのNP活動の見学を通して,NPの役割と機能を学ぶことでした。
ICUやクリニックで実践中のNPのシャドイングを行い,急性期ケアNP やプライマリーケアNPの活動を間近で見学しました。CWRUでは、米国でも1か所しかない実物のSikorsky S-76を設置した航空搬送シミュレーションセンターでの緊急輸送中の重症患者シナリオによるシミュレーションを体験しました。
参加した修了生からは,「学んだことを今後の日本のNPの活動に役立て,課題である日本のNP役割・機能の展開に活かしたい」という感想がありました。

(左から,牧野悟士氏・佐藤芙佐子名誉教授・伊藤美佳氏・Chistopher Manacci氏・黒澤昌洋氏)

関連リンク

お問い合わせ先

  クリティカルケア看護学領域 講師 黒澤 昌洋
  TEL:0561-62-3311[内線:13374]