統合生理学

統合生理学では、将来、病気の症状や治療、看護のアセスメントに役立てていただけるような必要で基礎的かつ最小限の知識を学んでいただくように意識しています。1学年次時の前期「形態機能学Ⅱ」では、ヒトのいろいろな臓器の働きを学びます。また、その働きがうまくいかなくなった状態である病気の症状にも少し触れます。また、1学年次後期「教養ゼミナール」では、看護の勉強をしていくのに必要な文献の探し方、また、看護のアセスメントなどに活かすことのできるレポートの書き方ならびに発表の仕方を学びます。「卒業研究Ⅰ」ならびに「卒業研究Ⅱ」では、教養ゼミナールや看護研究方法論での学びの発展として、学生自身がそれぞれ興味のある分野に関する論文を読み、自身で論文を作成することにより、深い知性の造成を行う手助けをと思っています。また、能動な学びを継続していくために、2学年次ないし3学年次生の学習サポートならびに4学年次生の国家試験対策のサポートも出来ればと思っています。ご要望くだされば、個人、グループならびに学年全体への対応を考えます。

教育方針

自身で継続して能動的に学んでいっていただけるように、質問などを受け付けるなどして、サポートしていきたいと思います。

活動・研究内容

脳波などの非侵襲的計測法を用いた顔認知メカニズムの解明
経頭蓋電気刺激を用いた顔認知メカニズムの変容

スタッフ紹介

氏名 職名 専門分野
三木 研作 教授 神経生理,顔認知

研究テーマ

氏名 研究テーマ
三木 研作
  • 脳波などの非侵襲的計測法を用いた顔認知メカニズムの解明
  • 経頭蓋電気刺激を用いた顔認知メカニズムの変容

その他

大学生活はサークルやアルバイトなどいろいろ興味深いことがありますが、将来看護師ならびに保健師というプロになるための大事な時間です。だからこそ、大学において地道に学問していくことを第一に考え、能動的かつ誠実に取り組んでいただけるようにと思っています。

キーワード

形態機能学,脳波,神経生理,顔認知,国家試験

関連リンク


連絡先

TEL
外線:0561-62-3311(代表)