お知らせ

ゲノム編集による遺伝子書き換えの高効率化に成功

ニュース

2021.11.24

愛知医科大学医学部生化学講座の小西裕之教授(特任),兵頭寿典講師,ムハマド・ルトフル・ラーマン大学院生らの研究グループは,以前の研究で,ゲノム編集による正確で安全性の高い遺伝子書き換えの方法を考案し発表しました(Hyodo et al. Cell Reports, 30: 1195-1207, 2020)。今回,当該方法の弱点とも考えられた不十分な書き換え効率を改善する方策を編み出しました。
本研究成果は2021年11月19日,英国科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。詳細はこちらをご覧ください。