お知らせ

多発性骨髄腫の悪性化因子をターゲットとした治療薬開発に関する研究成果について

ニュース

2020.07.30

多発性骨髄腫(Multiple Myeloma, MM)は,体内で抗体産生を担う形質細胞(けいしつさいぼう)ががん化して発症します。現在の治療薬は一定の効果を示しますが,根治が難しい疾患です。愛知医科大学医学部生化学講座の太田明伸講師,細川好孝教授らのグループは内科学講座(血液内科),病理学講座,北海道大学との共同研究により, MMの腫瘍形成に関わるタンパク質を発見しました。さらに,このタンパク質がMMの新しい治療標的になる可能性を示しました。
詳細はこちらをご覧ください。