お知らせ

疾患特異的iPS細胞由来運動神経を用いた球脊髄性筋萎縮症(SBMA)の病態解析に関する研究成果について

ニュース

2020.02.19

球脊髄性筋萎縮症(Spinal bulbar muscular atrophy, SBMA)は,成人発症の緩徐進行性の運動神経変性疾患です。運動神経が変性する詳細な病態メカニズムは不明で,根治療法がありません。愛知医科大学医学部内科学講座(神経内科)の岡田洋平准教授らの研究グループは,SBMA患者さん由来のiPS細胞から運動神経を分化誘導し,シナプス関連遺伝子の発現異常をつきとめ,SBMAの病態にシナプスが深く関わることを示しました。
詳細はこちらをご覧ください。