教員紹介

都築 豊徳 (つづき とよのり)

都築 豊徳の顔写真

所属・職名・主な役職
病理診断科・教授(部長)
専門分野 外科病理学
泌尿器病理学
臨床細胞診断学
主な担当講義 外科病理学入門
病理学各論(泌尿器病理)
臨床細胞診断学
出身大学 名古屋大学医学部医学科(1989年)
最終学歴 名古屋大学大学院医学研究科(1994年)
略歴
(主な勤務先)
刈谷総合病院(1989年5月~1990年3月)
海外留学経験 ジョンズ・ホプキンス大学(米国)(2001年11月~2002年11月)
主な学会活動 日本病理学会
日本臨床細胞学会
日本泌尿器科学会
主な研究課題 泌尿器腫瘍(前立腺,尿路上皮,腎臓)の予後因子解析
内分泌腫瘍の予後因子解析
分子生物学の臨床応用
自己紹介 常に患者さんが最適な医療が受けられるように,診断業務を中心に仕事をしてきました。正確な病理診断は適正な医療行為に密接します。しかしながら,非常に人手が不足している分野であり,各医療機関から充足が望まれている領域です。将来の専攻希望として,病理診断学を考えてください。

※このページは教員からの提供データを基に作成しています。