教員紹介

道勇 学 (どうゆう まなぶ)

所属・職名・主な役職
内科学講座(神経内科)・教授
副院長
神経内科・部長
脳卒中センター・部長
医療福祉相談部・部長
病院経営企画室・室長
専門分野 神経内科学
主な担当講義 神経学総論
脳卒中総論
神経変性疾患(錐体路疾患)
出身大学 名古屋大学医学部医学科(1985年)
最終学歴 名古屋大学大学院医学研究科(1993年)
略歴
(主な勤務先)
公立陶生病院(1985年4月~1988年3月)
碧南市民病院(1988年4月~1989年3月)
名古屋大学(1993年4月~2007年1月)
主な学会活動 日本神経学会
日本内科学会
日本神経治療学会
主な研究課題 神経変性疾患の分子病態研究
神経疾患の臨床研究(筋萎縮性側索硬化症,Parkinson病,認知症,脳卒中など)
自己紹介 <学生諸君へのメッセージ>
超高齢化社会における神経内科医の需要は高く,期待度もますます膨らむ一方です。神経疾患を代表する脳卒中,認知症,Parkinson病はもはや病全体の代表でもあり,これらを診ずして国家施策である包括的ケアシステムへの医師としての貢献はありえません。日本の臨床医として大いに力を発揮できる神経内科医を志してみませんか。
趣味 ランニング

※このページは教員からの提供データを基に作成しています。