リハビリテーション室

「リハビリテーション:Rehabilitation」は「Re(再び)」+「habilis(適する)」から成り立つコトバで,けがや病気,加齢により生活を送ることが困難な人に対して,再びその人が生活を送れるように取り組む活動の全てを含みます。
「その人」が「その人らしく」生活するため,リハビリテーション医,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,リハビリテーション助手がチームとなり支援できるようにリハビリテーションの提供をしています。

当院でのリハビリテーション業務

病棟からすぐにリハビリテーションを受けられる環境を整備しています。

一般病棟

運動器に何らかの問題を生じた患者さんが入院されその方々に対して,受傷直後,手術前および手術直後から痛みを取り除くため,関節の動きをとり戻すため提供しています。

回復期リハビリテーション病棟

一般病棟

制度上,定められた対象患者さんが入院され,急性期病院から連携紹介を受ける患者さんや当院一般病棟から転棟される患者さんがリハビリテーションを集中的に実施する病棟です。
基本目標は「自宅に戻ること」で,生活に関わる全般的な動作能力の改善を図ります。自宅環境の調査,自宅退院後の生活リズムの提案を多職種にて調整して行います。

外来リハビリテーション

外来リハビリテーション

外来通院にてリハビリテーションが必要と判断された方,また当院退院後も継続的なリハビリテーションが必要と判断された方が対象となります。
病気や怪我により日常生活に支障をきたしている患者さんに対して,運動療法・物理療法等を使用し,機能回復の支援をさせて頂きます。
※外来リハビリテーションは予約制です。

通所リハビリテーション(介護保険)


医療保険で受けられるリハビリテーションの日数は定められています。リハビリテーションを継続されたい場合に介護保険へ移行することで受けられます。介護保険の認定済みで,ご希望のある方は,担当ケアマネージャーに相談の上,お問い合わせください。