血液内科

血液内科では,血液疾患全般に対して,最新のエビデンスに基づいた診断・治療を行っています。精密な検査が必要な場合や,化学療法などの特殊な治療が必要な疾患が見つかった場合には,本院と連携し精査・治療を行います。治療は,患者さんとご家族へ十分に病状を説明し,納得していただいた上で行います。
動悸,息切れ,めまい,倦怠感などの貧血症状がある場合,発熱,寝汗,体重減少,リンパ節の腫れなどの症状がある場合,出血しやすい,血が止まりにくいなどの症状がある場合,健康診断などで白血球,赤血球,血小板の数値に異常がある場合には,血液内科外来を受診して下さい。

診療部門からのごあいさつ

血液内科では,白血球,赤血球,血小板といった血液細胞や,それらがつくられる骨髄・リンパ節の病気を専門にしています。一般に馴染みが薄いかもしれませんが,血液疾患の患者さんは年々増えています。白血病などの血液がんも同様です。幸い治療法も進歩しており,外来で治療可能な血液がんもあります。私たちは,看護師や薬剤師,検査技師など様々なスタッフや各診療科と緊密に連携しながら,患者さんが安心して診療を受けられるよう質の高い医療の提供に努めています。


愛知医科大学病院 血液内科の詳細はこちら 

主な対象疾患

  • 鉄欠乏性貧血
  • 巨赤芽球性貧血
  • 骨髄増殖性疾患(真性多血症・本態性血小板血症など)

医師紹介

講師 堀尾 知弘(非常勤)

専門分野:内科一般, 血液一般

専門医等:

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本血液学会認定専門医
  • 緩和ケア研修会修了