皮膚科

皮膚科では,アトピー性皮膚炎や湿疹,接触皮膚炎(かぶれ),蕁麻疹,薬疹,帯状疱疹や尋常性疣贅(いぼ),足白癬(水虫),爪白癬(爪水虫),にきび,熱傷などのよくある皮膚疾患から皮膚の良性・悪性腫瘍,皮膚潰瘍や全身性疾患に基づく皮膚病変などさまざまな皮膚疾患に対して診療・治療を行っております。また,必要に応じてデルマレイによる紫外線治療,血液検査や画像検査,皮膚生検(皮膚を一部採取して顕微鏡による検査に提出)など各種治療,検査も施行しております。 疾患によっては他科と連携をとりながら診療し,さらなる専門性の高い検査治療については,愛知医科大学病院や近隣の医療機関と連携し紹介をさせて頂いております。

診療部門からのごあいさつ

皮膚は体の中で最大の臓器であるとともに,体の外表を覆うことで重要な機能を有しています。最も外表にあるため,様々な異常や変化をきたし,多くの種類の疾患があります。
私たちは皮膚科のあらゆる皮膚疾患に幅広く対処できるよう医療スタッフ一同協力体制のもと診断・治療にあたっています。


愛知医科大学病院 皮膚科の詳細はこちら 

主な対象疾患

  • アレルギー性,炎症性皮膚疾患(アトピー性皮膚炎,尋常性乾癬,蕁麻疹,接触皮膚炎など)
  • 皮膚感染症(ウイルスや細菌性皮膚疾患,白癬など)
  • 皮膚腫瘍
  • 円形脱毛症

医師紹介

教授 渡邉 大輔(非常勤)

専門分野:膠原病, 皮膚腫瘍,ウィルス感染症,アレルギー性皮膚疾患

専門医等:

  • 日本皮膚科学会認定専門医・指導医
  • 緩和ケア研修会修了

医師 阿部 倫大(非常勤)

専門分野:一般皮膚科

専門医等:

  • 緩和ケア研修会修了