神経内科

愛知医大メディカルセンター神経内科は,西三河地区の神経疾患診療の一翼を担って参ります。診療領域は神経疾患全般を網羅し,当院での外来・入院でのリハビリテーション,および愛知医大本院と協力した診療をおこないます。
種々の神経疾患,特にパーキンソン病や脊髄小脳変性症,筋萎縮性側索硬化症などを代表とする神経変性疾患による症候・症状は,患者の日常生活動作・能力に直接大きく影響することから,各疾患の治療ガイドラインに基づく治療を駆使するだけでなく,丹念な診察の積み重ねによる予後予測を行うとともに,病期に対応した日常生活指導,精神的サポートを提供していくことを信条として神経内科専門診療を実践しています。また主治医は患者・家族に対する社会的サポートにも積極的に参画し,医療ケースワーカー,ケアマネージャー,保健師との連携を密にとり,患者・家族のQOL向上に努めていきます。

診療部門からのごあいさつ

21世紀は「脳の世紀」と云われています。これは近年の脳科学の目覚ましい発展から生まれてきた言葉ではありますが,臨床の現場においてもまさに脳の時代の到来といえます。高齢化社会を迎え神経疾患患者が増加してガンを優に凌ぐようになったことであります。2000年度に行った名古屋市の介護保険実施の実態調査結果では,すでに被保険者全体の過半数が脳卒中,認知症,パーキンソン病で占められていることが明らかとなっております。このように社会における神経内科診療に対する需要は拡大しております。
神経内科という診療科が置かれた社会的情勢を鑑み,神経内科スタッフ一同は,愛知医大本院と密に協力して神経内科診療の先進性,最新性を担保しつつ,総合的神経内科診療を行うことにより地域の神経内科医療への貢献を目指します。


愛知医科大学病院 神経内科の詳細はこちら 

主な対象疾患

  • 神経変性疾患
  • 脳卒中を含む脳血管障害
  • 免疫性神経疾患
  • 感染性神経疾患
  • 代謝栄養障害性神経疾患
  • 脊髄疾患
  • 神経筋接合部疾患
  • 筋疾患
  • 頭痛やてんかんなどの機能性脳疾患

医師紹介

noimage

医師 道川 誠(非常勤)

専門分野:認知症(アルツハイマー病,レビー小体型認知症,血管性認知症など),頭痛,脳血管障害,パーキンソン病,脊髄小脳変性症

専門医等:

  • 医学博士
  • 日本認知症学会 理事
noimage

医師 柴田 俊(非常勤)

専門分野:神経内科一般