輸血を拒否する患者に対する当院の治療方針

相対的無輸血を当院の方針とし、これを基に下記の対応をいたします。

  1. 輸血を行わないためにできる限りの努力はしますが、生命に危機が及び、輸血を行うことによって死亡の危険が回避できる可能性があると判断した場合には輸血を行います。この場合、輸血同意書が得られなくても輸血を行います。
  2. エホバの証人の方が提示される「免責証書」は絶対的無輸血治療に同意するものであるため、これにサインはしません。
  3. 全ての手術において輸血の可能性があり、輸血拒否により手術の同意書が得られない場合であっても、救命のために緊急手術が必要な場合は手術を行います。
  4. 以上の方針は、患者さんの意識の有無、成年と未成年の別にかかわらず適用します。
  5. 自己決定が可能な患者さん、患者さんの保護者、又は代理人の方に対しては、当院の方針を十分に説明しご理解を得るよう努力しますが、どうしても同意が得られず、治療に時間的余裕がある場合は、転医を勧めます。