医療安全管理室および医療安全管理者の役割

医療安全管理室は、専任の医療に係る安全管理を行う者及びその他必要な職員で構成され、医療安全管理委員会で決定された方針に基づいて、組織横断的に病院内の安全管理を担う部門です。

%u533B%u7642%u5B89%u5168%u7BA1%u7406%u5BA4%u306E%u6A5F%u80FD%u304A%u3088%u3073%u533B%u7642%u5B89%u5168%u7BA1%u7406%u8005%u306E%u5F79%u5272

■ 職員への医療安全教育

医療安全に関する各種研修会を開催すると共に、職員の医療安全への意識向上、医療安全に係る具体的方策の実施状況の確認及び周知徹底を目的に、年に2回の医療安全管理ラウンドを行っています。また、医療の質・安全を確保するために、各種医療の標準化を進めています。

医療安全管理ラウンド(1)

医療安全管理ラウンド(1)

 
医療安全管理ラウンド(2)

医療安全管理ラウンド(2)

 
中心静脈カテーテル挿入講習会(1)

中心静脈カテーテル挿入講習会(1)

 
中心静脈カテーテル挿入講習会(2)

中心静脈カテーテル挿入講習会(2)

 
AEDを使用した心肺蘇生講習会(1)

AEDを使用した心肺蘇生講習会(1)

 
AEDを使用した心肺蘇生講習会(2)

AEDを使用した心肺蘇生講習会(2)

 

■ 医療安全管理マニュアル

医療安全管理に関する基本的なルールを掲載したものです。全ての職員が医療安全管理マニュアルに沿って業務に当たり、患者さんに安全な医療を提供できるよう努めています。医療安全管理及び感染予防対策の基本ルールを要約したポケットマニュアルを職員が携帯し、院内ルールに沿って職務に当たっています。

医療安全管理マニュアル

■ 主な医療安全対策

患者さんに安全で安心な医療を提供できるよう、様々な医療安全対策を講じています。主な医療安全対策として以下のものがあります。

  • 全ての医療行為の前に患者さん自ら氏名を名乗って頂く『患者誤認防止対策』を実施しています。この取り組みは、患者さん・ご家族の協力が必要です。
  • 主な医療安全対策
    手術室では、患者さんや・部位の間違い等の誤認事故防止のため『タイムアウト』を実施しています。また、手術時の体内遺残防止のため、手術時にレントゲン撮影を実施し、体内遺残が無い事を確認して手術を終了する『遺残防止対策』を行い、手術を受けられる患者さんの安全に努めています。
  • 注射、内服など全ての医療行為を実施する際に、『1患者・1処置・1トレイ』を実施し、患者さんごと、処置ごとに1つのトレイを準備し、誤薬事故防止、患者誤認防止に努めています。
  • 院内で緊急事態が発生した場合に、24時間体制で、組織的かつ緊急に対応できるよう『緊急時の院内口頭報告手順』を作成し、全ての職員が速やかに対応できるよう取り組んでいます。