脊椎脊髄センター

せぼねの疾患は,肩こり,腰痛,手足の痛み・しびれ,麻痺の原因としてもっとも頻度が高いものです。現在日本が直面する超高齢化社会の中で,加齢・変性を基盤にした「せぼね」の病気による症状でお困りの患者さんの数も年々増加しています。当院ではこのような脊椎脊髄領域の疾患を取り扱う「脊椎脊髄科」として脊椎脊髄センターを平成24年10月に発足しました。当院の脊椎脊髄センターの特色は(1)脳外科・整形外科・神経内科が一致協力して診断・治療にあたり治療技術向上に努めること(2)放射線科との協力のもと,年々発展を遂げる画像診断学のさらなる発展を目指すこと(3)痛みセンターとの協力のもと,あらゆる痛みの克服にチャレンジすること(4)リハビリテーション科・運動療育センターと協力し,あらゆる身体機能の回復に向けた治療を行うことの4点です。日本国内で診断・外科治療・術後疼痛管理・運動療法まで集学的に治療が可能な唯一の脊椎脊髄センターです。

診療部門からのごあいさつ

部長
高安 正和

この度,愛知医科大学病院において脊椎脊髄センターを発足できたことは非常に意義のあることと考えます。そもそも,脊椎脊髄疾患の診療は大変広い領域にまたがる分野であります。脊髄は脳と連続した神経であり脳の理解無しでは十分な治療はできませんし,脊椎は運動器の「せぼね」として重要な役割を担っています。従来,整形外科,脳神経外科が単科として扱ってまいりましたが,当然,限界がありました。今回,脊椎脊髄センターが発足したことにより,脳神経外科と整形外科が緊密に連携をとりつつ,神経内科,放射線科,痛みセンター,さらにリハビリ科,運動療育センターの協力を得て,脊椎脊髄疾患をまさしく総合的に治療することが可能となりました。こういった集学的な治療により病気に苦しむ患者さんが満足が得られることが何よりと考えております。

主な対象疾患

腰部脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰部椎間板ヘルニア,腰椎分離症,変性側彎症,黄色靱帯骨化症,後縦靱帯骨化症,頚椎症性神経根症,頚椎症性脊髄症,頚椎椎間板ヘルニア,脊椎脊髄腫瘍,脊髄血管奇形,頭蓋頚椎移行部病変など,あらゆる脊椎脊髄疾患を対象としています。

業務案内

当センターは,現在整形外科・脳神経外科の脊椎・脊髄疾患を専門とするスタッフが中心となり運営されています。このほか痛みセンター,放射線科,リハビリテーション科,神経内科,運動療育センターとの緊密な連携のもと,外科治療のみでは対応が不十分な症例に対する総合的なアプローチをモットーにしています。定期的に開催されるカンファレンスで難治性疾患に対する情報共有に努めています。

外来受診

脳神経外科・整形外科のそれぞれの科内に脊椎脊髄の専門枠が設定されています。紹介状をお持ちの方は,その紹介先に受診ください。紹介状がない場合にはどちらか受診を希望される科を受診ください。

キーワード

脊椎疾患,脊髄疾患,頭蓋頚椎移行部,手術,保存治療,集学的治療

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36800 35外来(9:00-17:15)
専任スタッフ
整形外科:若尾 講師
脳神経外科:竹内 講師