理念

特定機能病院として,診療・教育・研究のすべての領域において,医療を基盤とした社会貢献を目指す

  • 社会の信頼に応えうる医療機関
  • 人間性豊かな医療人を育成できる教育機関
  • 新しい医療の開発と社会還元が可能な研究機関

基本方針

  1. 人間性を尊重した患者中心の医療の提供
  2. 信頼関係を大切にした安全で良質な医療の実践
  3. 豊かな人間性と優れた医療技術を持った医療人の育成
  4. 先進的医療技術の開発・導入・実践の推進
  5. 災害・救急医療への積極的な取り組み
  6. 地域医療連携の推進及び地域医療への貢献

患者の皆様の権利

  • 安全で良質な医療を平等に受けることができます。
  • 分かりやすい言葉で,病状・診断・予後・治療方法等について説明を受けることができます。
  • 十分な説明と情報提供を受けたうえで,治療方法等を自らの意思で選択することができます。
  • ご自身の情報を得る権利があります。
  • プライバシーが保護されます。
  • 臨床研究に関し十分な説明を受けたうえで,その研究に参加するかどうか,自らの意思で決定し,いつでも参加を中止することができます。
  • 医療のどの段階においても他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。


患者の皆様へのお願い

  • ご自身の健康に関することを可能な限り正確にお話しください。
  • 説明を受けてもよく理解できない場合は納得できるまでお聞きください。
  • 治療を受ける場合は,医療スタッフの指示に基づき療養してください。
  • すべての患者さんが適切な医療を受けられるようにするため,他の患者さんの迷惑にならないようご配慮ください。
  • 教育・研修施設として医学生・看護学生等臨床教育実習を行っておりますので,ご理解とご協力をお願い申し上げます。

愛知医科大学病院臨床倫理指針

  1. 患者さんの権利を尊重し、公平、公正かつ質の高い医療を提供します。
  2. 患者さんの尊厳・人権に関わる次の問題については、倫理委員会などにおいて十分に審議し、治療方針を決定します。
    (1)延命治療などの生命の尊厳に関わる問題
    (2)遺伝子治療,人工臓器などの新しい治療技術
    (3)信仰,信条などに関わる問題
  3. 関係法規、ガイドラインを遵守し、治療を行います。
  4. 医療内容や必要な事項について、わかりやすい言葉で丁寧に説明します。
  5. 患者さんのプライバシーを尊重し、守秘義務の遵守と個人情報の保護を徹底します。
  6. 臨床研究の実施においては、倫理委員会などにおいて十分に審議し、研究方針を決定します。