文字サイズ

救命救急科

救急初療室写真

救急初療室写真

院内所在マップ

中央棟1階 高度救命救急センター  クリックすると拡大します

救命救急科は,救急隊からの要請によりドクターカー,ドクターヘリに医師,看護師が同乗して,救急現場へ出動し,応急的処置を行い,然るべき基幹病院に搬送する病院前救急医療,救急車等で搬送された傷病者の初期治療とトリアージ(救急蘇生室=ER),高度な全身管理を要する重症救急患者さんへの集中治療(ICU),と幅広く治療にあたっています。
とりわけ,増加する救急要請に応えるべく,平成23年4月1日より「救急告示医療機関」の指定を受け,多数の救急車を受け入れています。
救急集中治療室(EICU)では,病気・手術・外傷によって呼吸や循環に重篤な影響を受けた患者さんを各科の専門医と当科共同で集中的に治療しています。
診療体制は救命救急医と各科専門医,研修医が協力して治療にあたっています。

概要

また,当院は基幹災害拠点病院の指定も受けており,病院の通常の診療体制では対応できない災害医療にも力を入れています。

診療部門からのごあいさつ

救命救急科

部長 (救命救急科)
武山直志

  救命救急センターで中核的な役割を担っている救命救急科は、他施設で対応できない重症患者を扱う最後の砦としての使命感のもと、“全患者救命”をモットーに全力投球で治療にあたっております。対象疾患は、急性循環不全、複合外傷、消化器疾患、代謝異常、重症感染症、急性呼吸不全、急性腹症、急性中毒などの重症症例で、専門各科の協力のもと急性期管理を行っております。救急専門医、集中治療専門医をはじめとした種々の専門医集団が、重症患者管理部門(EICU)で厳重なモニタイング、臓器サポートを行っております。医療水準は、APACHE IIで算出される予測死亡率をはるかに下回る死亡者数から明らかであるように高いレベルが維持できていると自負しております。種々の血液浄化、人工呼吸器管理、低体温療法、呼吸循環管理、代謝栄養管理は、最先端の知識に常にアップデートしております。
  救急現場に医療スタッフが赴き、病院外で直ちに治療を開始するドクターカー、ドクターヘリも運用しております。病院前診療は、救急医療の醍醐味であり、医療の原点とも考えられ、教育面でも大きな役割をはたしております。救急現場から集中治療室管理までシームレスな救急医療を実践することにより高い救命率を維持しております。
感染症、外傷、手術をはじめとした多彩な侵襲の制御が、合併症を防ぎ致命的な多臓器不全への進展を食い止めるとされています。急性呼吸窮迫症候群、急性腎傷害、播種性血管内凝固症候群をはじめとした臓器不全に対する管理は、基礎研究の成果に加え、人工呼吸器管理法、急性血液浄化法、薬剤の進歩により確実に向上しております。しかしながらさらなる救命率の向上には生体の侵襲反応そのものをregulateしdetrimentalな面を極力軽減させphysiologicalな面を促進させる“侵襲反応制御”が必須です。教室としては、個々の患者の病態に応じた“遺伝子レベルの侵襲反応制御”を目指しております。

主な対象疾患

  • 心肺停止
  • 急性中毒(毒物学,血液浄化法,呼吸循環代謝等の全身管理)
  • 各種原因による急性循環不全(出血性ショック,細菌性ショック,心原性ショック等)
  • 多発外傷(外傷に対する外科的処置,侵襲学に立脚した治療)
  • 重症呼吸不全(人工呼吸,体外循環)
  • 重症心不全(薬物療法,補助循環)
  • 重症肝不全(血液浄化法)
  • 急性腎不全(血液浄化法)
  • 広範囲熱傷
  • 低体温症,熱中症,アナフィラキシーショック,食中毒等
  • その他の急性重症疾患

さらに,栄養管理やリハビリなども取り入れ,全身的な治療も進めています。

診療・治療実績

救急車

救急車搬送患者数推移を表に示します。平成23年4月1日より「救急告示医療機関」として指定を受け,救急車受け入れ台数は年々増加しています。

年度 合計 1日平均
平成22年度 2,889 7.9
平成23年度 3,865 10.6
平成24年度 4,382 12.0
平成25年度 4,032 11.0
平成26年度 4,443 12.2

救急集中治療室(EICU)

ICU入室件数 

ICU入室件数

設備等

高度救命救急センター内

以下のベッドを運用しています。

  • 救急蘇生室 : 4床 ,外傷処置室 : 1床,陰圧室 : 1床
  • 救急集中治療室(EICU) : 12床
  • HCU : 20床

高度な専門医療

重症循環不全,重症呼吸不全の管理が中心で,体外循環,血液浄化を取り入れて敗血症,多発外傷などにも積極的に治療しています。

施設認定

  • 日本救急医学会 救急科専門医指定施設
  • 日本航空医療学会 指定施設
  • 日本集中治療医学会 専門医研修施設
  • 日本呼吸療法医学会 呼吸療法専門医研修施設
  • 日本熱傷学会 熱傷専門医認定研修施設

キーワード

救命救急,集中治療,災害医療,航空医療,集学的治療,高度救命救急センター

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 35371 救命救急科医局
内線 : 39724 高度救命救急センター