睡眠科

睡眠センター

睡眠センター

院内所在マップ

中央棟3階  クリックすると拡大します

当睡眠医療センターは2000年の開設以来,睡眠時無呼吸症候群を中心とした睡眠呼吸障害,ナルコレプシーなどの過眠症,むずむず脚症候群,レム睡眠行動障害などの睡眠障害の検査・診断を主に行ってまいりました。

そして,2008年元旦には睡眠障害全般を専門に診る診療科として,日本で初めて『睡眠科』が誕生。これにより睡眠障害の治療も主な業務に加わりました。

睡眠障害は生活習慣病との関連が深いことも明らかにされており,総合的かつ専門的な治療が必要です。当科は,今後も東海地方における睡眠障害の高度な診断・治療を行う拠点としての役割を果たしてまいります。睡眠に関して気になる症状,悩みがあればご相談ください。

診療部門からのごあいさつ

部長 塩見利明

部長 塩見利明

当睡眠科・睡眠医療センターは,「地域医療における安全かつ健全な睡眠医療の樹立」を目標として。あらゆる睡眠障害の診療を行えるようにスタッフ一同が昼夜を問わずに頑張っています。これからも,わが国を代表する睡眠医学の診療・教育・研究の拠点になれるよう努力して参りますので,何卒よろしくお願い申し上げます。

主な対象疾患

睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に呼吸が止まることによって,何度も目を覚ましてしまうため,深い睡眠が得られない病気です。
代表的な症状は,途切れがちに続く大きなイビキと,日中の強い眠気です。
患者さん本人は気付かないことが多いのですが,病気に気づかないままでいると思わぬ事故や生活習慣病等,他の疾患を招きかねません。家族からこうした症状を指摘された場合には注意が必要です。
ナルコレプシー
普通ならまず眠るような場面ではないのに,突然強烈な眠気におそわれて寝入ってしまう病気です。また,この病気では,笑ったり驚いたりした時に,一瞬から数分の間,体の力がぬける発作(情動脱力発作)が起こるのが特徴です。さらに,入眠時に幻覚をみたり,金縛りにあったりといった症状もみられることがあります。
特発性過眠症などの過眠症
ナルコレプシーと同様に昼間に眠気に襲われる病気ですが,脱力発作や金縛りなどは無い場合です。
周期性四肢運動障害
周期的に脚がビクッ,ビクッと動き,睡眠が浅くなってしまい,逆に昼間に眠気を感じてしまう病気です。
レストレッグズ症候群,下肢静止不能症候群またはむずむず脚症候群
夕方~夜間にかけて,ふくらはぎや足の裏のあたりがムズムズして,足を動かしたい衝動にかられ,主に入眠障害をきたす病気です。
感じ方は人それぞれで,「虫が這うような感じ」「痛がゆい」「ほてった感じ」など,色々な表現がされます。
レム睡眠行動障害
夢でけんかをしたり,何かに追い掛けられるなどの悪夢を頻繁に見るようになり,殴りかかったり,暴れたりするなど,寝ながら夢の中の行動を実際に同じようにしてしまいます。
概日リズム睡眠障害
極端な宵っぱりの朝寝坊や極端な早寝は早起きまたは睡眠時間帯が一定しないなどがあり,日常生活に支障がある場合です。
不眠症
通常,1~4の症状に分けることができます。
  1. 入眠障害 : 寝つきが悪く,なかなか眠れない。(寝つきに30分~1時間以上かかる場合)
  2. 中途覚醒 : 朝起きる時間までに何度も目が覚める。
  3. 早朝覚醒 : 朝早く目覚めてしまい,再度眠ることが出来ない。
  4. 熟眠障害 :十分に睡眠時間はとっているにも関わらず,眠りが浅く熟眠感が得られない。
という症状と1ヶ月以上の日中の生活に支障がある場合に診断されます。

高度な専門医療

高度な医療

MSLT(反復睡眠潜時検査)

患者さんは完全遮光・遮音された記録室のベッドに寝ていただき,記録開始から入眠するまでの時間を計測します。
昼間の眠気を客観的に計測し,評価することができます。

認知行動療法(CBTI)

不眠症の患者さんに,医師と臨床心理士による認知行動療法(CBTI)を行っています。

眠れない,眠い,朝起きられない,などの症状に対して睡眠薬を使用しても上手く眠れず,ますます焦ってしまう。
睡眠に良いと言われることは全部やってもやっぱり眠りが改善しない。
夜,寝所に入っても眠れるかどうか心配だ…

こういった方に対して,不眠症の悪循環を自分の力で改善できるよう,認知行動療法を実施しています。

専門外来

不眠外来

担当者 堀礼子
受診方法 再診患者のみ
診療日時 睡眠科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

CBT

担当者 堀礼子
受診方法 再診患者のみ
診療日時 睡眠科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

診療実績 2015年4月~2016年3月

外来患者数

延べ患者数 13,409人/年,1,117人/月

<月平均 外来患者数>

再診患者のうち800人弱が睡眠呼吸障害での陽圧呼吸療法の方です

<新患初診患者数 61.9人/月>

新患患者の約6割が他院からの紹介患者

入院患者数

延べ患者数 1,402人

設備等

検査実績

終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG) 634件
反復睡眠潜時検査(MSLT) 83件
携帯用無呼吸検査 313件

PSGが施行できる部屋が5室,MSLTを検査できる部屋が1室あります。ただし,検査の都合上,MSLTを2件/週までしかできず,検査まで長期間お待たせすることがあります。ご了承ください。

入院症例数(疑い例も含む)

睡眠呼吸障害 409例

年間 約400例の睡眠呼吸障害の患者を検査診断している

睡眠呼吸障害以外では,

近年では,過眠症やレム睡眠行動障害,むずむず脚症候群などの睡眠関連運動障害の症例が増えている。

不眠症 48例
過眠症 87例
レム睡眠行動障害 64例
概日リズム障害 14例
睡眠関連運動障害 25例
その他 0 例

治療

陽圧呼吸療法

睡眠呼吸障害のうち閉塞性睡眠時無呼吸症候群には,持続陽圧呼吸(CPAP)や二層式陽圧呼吸(Bi-level PAP)を,また,睡眠低換気症候群や心不全に伴う呼吸補助が必要な患者には,サーボ制御圧感知型人工呼吸器(ASV)で治療する。

主な陽圧治療機器

軽症OSASでは,歯科での口腔内装具による治療

小児では,アデノイド増殖症や扁桃肥大がある場合は,耳鼻科での手術による治療を勧める場合があります。

キーワード

睡眠時無呼吸症候群,シーパップ(CPAP),ナルコレプシー,むずむず脚症候群,特発性過眠症,不眠症,レム睡眠行動障害,反復睡眠潜時検査(MSLT),認知行動療法(不眠症),日本睡眠学会 A型睡眠医療認定施設

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36600 34睡眠科外来(13:00 - 16:00)
※睡眠科の診察は完全予約制です。
ご予約はお電話にてお問い合わせください。
通常の待ち時間
電話予約から初診まで,2週から6週(平均4週)
初診から入院検査まで,約4週
患者さんが集中する場,MSLTは,約半年ほどかかることがあります。ご了承ください。