糖尿病内科

糖尿病内科スタッフ一同

糖尿病内科スタッフ一同

院内所在マップ

より良質な糖尿病診療を提供できる体制を構築することを目的とし,2011年に愛知医科大学病院に糖尿病内科/糖尿病センターが新設されました。当初は教授以下3名の医師でスタートしましたが,平成29年5月現在,常勤医師25名とスタッフ数においては充実しつつあります。しかし,外来診療は現在は内科外来の一画で行われているに過ぎず,まだまだ「糖尿病内科/糖尿病センター」を名乗るに相応しいものではありません。出来る限り早い時期にハードおよびソフトの両面で「糖尿病内科/糖尿病センター」の名に相応しい組織にしていきたいと考えています。
糖尿病患者さんの数が激増している今日,その発症を予防することが重要な課題であることは言うまでもありませんが,様々な糖尿病性合併症は糖尿病患者さんの生活の質を著しく低下させるだけでなく,生命の危機に繋がる重要な問題です。合併症の発症・進展を阻止するためには,良好な血糖コントロールを糖尿病発症早期から,且つ長期に亘って維持することが重要です。長期間に亘りより良い療養生活を送るためには,糖尿病を専門とするコメディカルスタッフ(看護師,栄養士,薬剤師など)を含めたチームでの療養指導が不可欠です。その一環として,平成28年度より病院組織内に「糖尿病療養支援チーム」を正式に設立し,糖尿病に対する横断的な療養支援の実現を可能としました。医師のみならずコメディカルスタッフを充実させることにより,糖尿病患者さんのお役に立てる糖尿病内科・糖尿病センターを目指しています。

診療部門からのごあいさつ

部長
中村二郎

糖尿病患者数が激増している今日,その発症予防が重要な課題であることは言うまでもありません。また,様々な糖尿病性合併症により糖尿病患者のQOLが著しく低下するとともに生命予後が不良となることも周知の事実です。然るに,多くの糖尿病患者が実在していることを考えれば,対糖尿病戦略の主眼は合併症の発症・進展を阻止することに注がれるべきであると言っても過言ではありません。合併症の発症・進展を阻止するためには,厳格な血糖コントロールを糖尿病発症早期から,且つ長期に亘って維持することが重要であることは,近年の大規模臨床研究により明らかとなっています。一方,厳格な血糖コントロールを試みる上で,合併症の有無および重症度は治療法の選択に影響を及ぼす重要な因子であると同時に,ひとつの合併症の治療を行う上でも他の合併症の存在が問題となります。合併症を有する糖尿病患者は,複数の診療科でフォローされていることが多く,関連する各診療科が密接に連携して診療にあたる必要があります。また,長期間に亘りより良い療養生活を送るためには,糖尿病を専門とするコメディカルスタッフによる療養指導が不可欠であります。
  今般,愛知医科大学病院では新たに「糖尿病内科/糖尿病センター」を立ち上げ,より良質な糖尿病診療を提供できる体制を構築することとなりました。設立当初は,糖尿病内科スタッフは僅かに3名(教授,准教授,講師各1名),糖尿病センター2名(准教授,講師各1名)でありましたが,その後,順調に新たな医師が加わり徐々に活況を呈してきました。現時点での組織構成は,未だに「糖尿病内科/糖尿病センター」を名乗るに相応しいものではありませんが,出来る限り早い時期にハードおよびソフトの両面で「糖尿病内科/糖尿病センター」の名に相応しいものを作り上げていきたいと考えております。特に,「糖尿病性合併症外来」を開設し,細小血管障害(神経障害,網膜症,腎症)のみならず大血管障害(動脈硬化症)をも含めたあらゆる糖尿病性合併症の検索が半日程度で完了できるようなシステムを構築したいと考えております。他の医療機関にかかりつけの患者さんが,「糖尿病性合併症外来」へ年に1回の受診をしていただくことにより,糖尿病性合併症の実態を正確に把握することが可能となります。同時に,食事指導を含めた療養指導を受けていただくことも可能です。かかりつけの先生から直接ご予約いただき,終了後のレポートに治療に関する提言を付けさせていただき,診療の参考にしていただけるものにしたいと考えております。
現在,いくつもの臨床研究が進行中あるいは計画段階にありますが,愛知医科大学糖尿病内科/糖尿病センターからの糖尿病診療に関する新たなエビデンスを発信していきたいと考えております。

主な対象疾患

  • 糖尿病(1型糖尿病,2型糖尿病,妊娠糖尿病,その他の糖尿病)
  • 肥満

診療・治療実績

診療実績(平成28年度)

外来患者数
(一日平均)
67.4人
入院患者数
(一日平均)
14.3人

設備等

  • CGMS(持続皮下血糖モニタリング),リブレプロ,リブレパーソナル
  • 知覚神経自動検査装置(Neurometer),携帯型末梢神経検査装置(PNS-7000)
  • CCM(角膜共焦点顕微鏡)
  • 簡易神経伝導検査機器 DPNCheck™
  • フリッカー網膜電位計レチバルDR™
  • 電子瞳孔計

キーワード

1型糖尿病,2型糖尿病,糖尿病性合併症,肥満,生活習慣病

関連リンク

ダウンロード

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36100 28外来(09:00 - 17:00)