内分泌・代謝内科

医局スタッフ

医局スタッフ

院内所在マップ

愛知県の基幹病院として,内分泌・代謝内科の専門分野にかかる,全ての内分泌代謝・糖代謝疾患に対し,一般症候から専門性の高い疾患にまで対応できる,高度な医療を提供する。
日本内分泌学会の認定する教育施設として,内分泌代謝領域における優れた医師を育成する。
大学病院として,内分泌代謝における臨床研究を進め,社会へ還元される様な実りのある医学研究を行う。

高度の専門性を必要とする,内分泌疾患全般について(間脳・下垂体障害,甲状腺疾患,副甲状腺・骨代謝疾患,副腎疾患,性腺疾患),質の高い医療を行っています。

頻度の高い一般的疾患としての糖尿病・脂質代謝異常。
加えて,内分泌代謝専門医及び糖尿病専門医の診療を要する代謝疾患全般について(I型・II型糖尿病,遺伝性を含むその他の特定の機序・疾患による糖尿病,家族性脂質代謝異常症,尿酸代謝異常,カルシウム代謝疾患,水・電解質異常), 日常的診療への対応から特殊性の高い診断治療まで,実地しています。

地域連携医療として,広く東海地区全体の医療機関の先生方から精査,治療,糖尿病教育入院のご依頼に御応えし,また当院よりは逆紹介をさせて頂く事により,地域医療に貢献しています。

診療部門からのごあいさつ

私達は内分泌・代謝に関係する全ての疾患の患者さんに対し,熟練した診療技術と思いやりをもって,質の高い医療を行う事を信条としています。下垂体・甲状腺・ステロイド・インスリン等の各種ホルモンは,生涯を通じて身体の成長と維持に必要な情報伝達物質であり,全身の各所における作用は多岐にわたります。分泌異常は高血圧や糖尿病などの糖代謝・脂質代謝異常などの一見特徴のない症状から特異的な症状まで様々であり,専門的な診断が必要な場合があります。的確な診断と治療で,個々の患者さんに対応したベストの医療を心がけています。

主な対象疾患

汎・部分下垂体前葉機能低下症,先端巨大症,Cushing病,下垂体性甲状腺機能亢進症,視床下部・下垂体性無月経,女性化乳房,尿崩症,SIADH,低ナトリウム血症,原発性甲状腺機能亢進症・低下症,副甲状腺機能亢進症・低下症,副腎腫瘍,原発性アルドステロン症,褐色細胞腫,副腎性Cushing症候群,神経内分泌腫瘍(カルチノイド,インスリノーマ等),多嚢胞性卵巣症候群,男子性腺機能低下症,骨粗鬆症,カルシウム・リン代謝異常症,水電解質代謝異常,脂質代謝異常症,単純性・二次性肥満,二次性徴異常

1型・2型糖尿病・その他の特定の機序・疾患によるもの,術前・術後血糖管理,糖尿病性ケトアシドーシス,高浸透圧性糖尿病性昏睡

高度な専門医療

高度な医療

遺伝カウンセリング

遺伝子解析(多発性内分泌腺腫症1型・2型,副甲状腺機能低下症,偽性副甲状腺機能低下症,家族性尿崩症,APS,MODY)

専門外来

低身長外来,成長ホルモン外来

低身長に体する精査,治療。成人成長ホルモン分泌不全症に対する精査,治療。

担当者 大竹,高木
受診方法 かかりつけ医から地域医療連携室を通して,ご予約下さい。
診療日時 内分泌・代謝内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

骨粗鬆症外来

骨密度の測定,骨粗鬆症の診断,治療。栄養指導,ホルモン治療。
カルシウム代謝異常症の診断,治療。

担当者 大竹,高木
受診方法 かかりつけ医から地域医療連携室を通して,ご予約下さい。
診療日時 内分泌・代謝内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

内分泌・遺伝外来

染色体・遺伝子疾患に関連,または合併する内分泌・代謝疾患の精査,治療。
遺伝カウンセリング。

担当者 大竹,高木
受診方法 かかりつけ医から地域医療連携室を通して,ご予約下さい。
遺伝カウンセリングについては予約時に詳細をお知らせ下さい。
診療日時 内分泌・代謝内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

患者数内訳(平成27年度)

外来患者数(1日平均) 56.7人
入院患者数(1日平均) 3.7人
糖尿病教育入院(年間) 平成26年度 約70人

設備等

病床数 14床

キーワード

成長ホルモン 愛知県 骨粗鬆症 低身長 下垂体 甲状腺 副甲状腺 副腎 糖尿病 男子性腺機能低下症 成人成長ホルモン分泌不全 性ホルモン 遺伝疾患 遺伝外来 遺伝子異常による糖尿病 家族性脂質代謝異常症

関連リンク

連絡先

内科学講座 内分泌・代謝内科

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 23511