形成外科

各種疾患に対して使用するレーザー

各種疾患に対して使用するレーザー

院内所在マップ

中央棟2階  クリックすると拡大します

形成外科と整形外科は,名称が似ているため混同されることが少なくありません。
整形外科は骨,関節,靱帯などに関する疾患を扱うので,骨折,捻挫,骨腫瘍,腰痛などが診察の対象となります。それに対して形成外科は,主として皮膚などの軟部組織を扱うので,先天性の外表奇形やアザ,外傷,癌などを切除した後の修復など,体表面に関することを対象とします。
形成外科は体表面を対象とすることから,より綺麗に美しくするという美容的な配慮も重要です。従って美容外科も形成外科の大切な分野となります。
愛知医科大学形成外科は,皆さんと一緒に,悩みのない,夢を持てる未来を追求していきます。

診療部門からのごあいさつ

部長 横尾和久 

部長 横尾和久

愛知医科大学形成外科では,1)アザや血管腫・皮膚腫瘍に対するレーザー照射を主とした治療 2)小耳症や手足の先天奇形・漏斗胸などに対する手術治療 3)頭頸部癌切除後の舌・顎骨・食道などの再建,乳癌切除後の乳房再建 4)熱傷・褥瘡・糖尿病性潰瘍・静脈欝滞性潰瘍など様々な創傷に対する治療 5)顔面外傷や手指切断の治療 などを大きな柱として診療・研究を行っております。また,加齢に伴う眼瞼下垂の手術等アンチ・エイジング医療や美容医療への取り組みも,当科の大きな柱となってきています。難治性疾患であり治療の行える施設も限られている血管奇形に対しては,血管外科・放射線科と密接に連携してチーム医療を展開しており,全国から患者さんが訪れます。
年間の手術件数は,全身麻酔で約500件,局所麻酔で約2,500件にのぼり,全国的にも有数の施設になります。医局員の出身校は愛知医科大学のみならず,全国の医科系大学に及んでおり,同じ形成外科をめざす仲間として和気藹々,切磋琢磨を続けております。専門医資格の取得を入局後最初の目標としております。
研究面においても,生化学講座や分子医科学研究所などと協力して,神経線維腫症の遺伝子的研究,レーザー照射が皮膚に及ぼす影響の分子科学的解明など様々な取り組みをおこなっています。昨年度は2名が医学博士の学位を取得,現在も2名が大学院に在籍して研究を行っています。形成外科という新しい領域に興味を抱かれている若手医師・学生諸君を歓迎いたします。

主な対象疾患

  • 先天性体表奇形 : 唇裂,口蓋裂,小耳症,耳介変形,漏斗胸,多指症,合指症など
  • 外傷 : 顔面軟部損傷,顔面骨骨折,陳旧性顔面骨骨折,手の外傷など
  • 皮膚潰瘍 : 良性皮膚腫瘍(粉瘤,脂肪腫),悪性皮膚腫瘍(皮膚癌)など
  • アザ : 色素性母斑,苺状血管腫,太田母斑,蒙古斑,扁平母斑,ホクロなど
  • 後天性欠損 : 手術後の変形再建(乳癌の手術後の乳房再建など),外傷による変形の修正など
  • 熱傷 : やけど,重傷例の救命,深いやけどの手術など
  • 瘢痕・瘢痕拘縮,ケロイド : 熱傷やケガによる傷跡,ひきつれ,ケロイドなど
  • 皮膚潰瘍 : 放射線障害,褥瘡(床ずれ)など
  • 手の外科 : 切断指の再接着,皮膚や神経損傷の修復など
  • 美容外科 : 隆鼻術,二重まぶた,皺取り,しみ,ピアス,刺青など
  • その他の変形 : 顔面神経麻痺,顔面片側萎縮,腱膜性眼瞼下垂,リンパ浮腫,陥入爪など

専門外来

アザ外来

担当者 全医師
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

美容外科外来

担当者 梅本泰孝
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

-基本的に自費診療で行っています-

乳房再建外来

担当者 梅本泰孝
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

小耳症外来

担当者 竹市夢二
受診方法 当日受診,かかりつけ医から地域医療連携室を通じて受診ください。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

血管腫外来 -完全予約制-

担当者 横尾和久,太田 敬(血管外科名誉教授)
受診方法 アザ外来受診後紹介受診となります。
診療日時 形成外科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

診療実績(平成27年度)

外来患者数(1日平均) 56.1人
入院患者数(1日平均) 9.6人
患者紹介率 58.3%

※ 紹介率は、平成24年度

年間手術件数(平成27年1月~12月)

内 訳 入院手術 外来手術
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷 16 1 17
顔面骨折・軟部組織損傷 5 13 18
上肢・下肢・その他の外傷 5 26 31
外傷後の組織欠損(二次再建) 0 0 0
口唇裂・口蓋裂 2 0 2
頭蓋・顎・顔面の先天異常 13 4 17
四肢の先天異常 22 0 22
体幹(その他)の先天異常 9 1 10
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 149 140 289
悪性腫瘍 2 1 3
腫瘍切除後の組織欠損(一・二次再建) 46 48 94
瘢痕,瘢痕拘縮,ケロイド 7 15 22
褥瘡,難治性潰瘍 9 7 16
炎症・変性疾患 46 19 65
美容 0 3 3
その他 0 1 1
レーザー治療 25 2,441 2,466
合 計 356 2,720 3,076

設備等

名称 対象疾患
色素レーザー 単純性血管腫,イチゴ状血管腫,毛細血管拡張症など
Qスイッチルビーレーザー 太田母斑,異所性蒙古斑,扁平母斑,雀卵斑,老人性色素斑,脂漏性角化症など
炭酸ガスレーザー 黒子,脂漏性角化症など

キーワード

血管腫・血管形成異常,皮膚悪性腫瘍,顔面骨骨折,陳旧性顔面骨骨折,鼻骨骨折,顔面・耳介・四肢の先天奇形,美容外科,熱傷,ケロイド,乳房再建,漏斗胸,眼瞼下垂

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 35700 24外来(8:30~11:30)
FAX
0561-63-4799(直通)

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

愛知医科大学形成外科のホームページへ