麻酔科

術前診察

術前診察

院内所在マップ

当科は下記について行っています。

1)周術期管理
手術前の全身状態を把握し,麻酔方法や合併症などのリスクについて説明を行った上で,適切な手術中の麻酔・全身管理を施行します。また手術後の疼痛対策を主体とした術後管理を行います。

2)ペインクリニック
急性疼痛・慢性疼痛に対し,外来,必要に応じ入院にて,神経ブロック療法,薬物療法,理学療法を用いて,疼痛の緩和,治療を行います。
帯状疱疹後神経痛,腰痛症,三叉神経痛,幻肢痛など疼痛に対する治療だけでなく,多汗症,アレルギー疾患(花粉症など)に対する治療も行っています。

診療部門からのごあいさつ

部長
藤原 祥裕

患者さんの皆様は麻酔科にあまりなじみがないかも知れません。麻酔科は患者さんが安全かつ快適に手術を受けることができるよう,細心の注意を払って麻酔管理に当たっています。また,あらゆる方法を用いて術後の痛みを最小限にするように努めています。最近は,超音波ガイド下神経ブロックという新しいテクニックを駆使して,副作用・合併症の少ない鎮痛をおこなっています。

安心・納得して手術を受けていただくためには麻酔のことを十分理解していただく必要があります。麻酔のことで何かご不安,ご質問がございましたらどうぞ遠慮なくお尋ねください。

一方で,麻酔科はさまざまな慢性の痛みでお悩みの患者さんに,神経ブロックなどを用いた外来治療を行っております。痛みは誰にとってもいやなものです。痛みのことでお悩みの患者さんはお気軽にご相談ください。

主な対象疾患

 周術期管理は手術される患者の方,ペインクリニックは疼痛患者の方への対応を行っています。

高度な専門医療

高度な医療

超音波ガイド下星状神経節ブロック

超音波ガイド下星状神経節ブロックの施行

超音波装置を用いて安全,確実な神経ブロックを実現しています。

診療・治療実績

患者数内訳

2016年 年間麻酔科管理手術件数 6,031症例
2016年 麻酔科外来ペインクリニック受診者数 1,434症例

設備等

病床数 1床

手術における麻酔

当科は手術麻酔を担当するだけではなく,麻酔科専門医による手術前診察,評価,個々の症例における麻酔の説明も行っています。また手術後に General Intensive Care Unit (GICU) において麻酔科医が中心となり,患者さんの手術後の管理を行います。外科医師,看護師等スタッフと協力し,患者さんがより良い環境で手術を受けられる状態にすることが手術における麻酔科の仕事です。

麻酔に関する研究

研究の中で培った科学をとらえる力や研究から得られる新しい知見は,日々の臨床力を向上させ,その技能を高めていくため欠かすことはできません。そのため私どもは,麻酔に関する研究も積極的に行っています。日々の臨床業務で疑問に感じたテーマについて臨床に還元できる研究を遂行して,その結果を積み上げていくことが,社会貢献につながるとスタッフ一同考えております。当科では,学際的痛みセンターとの協力体制は元より,薬理学教室との連携も得られており,それによる多方面からの麻酔学の発展を目指しています。

キーワード

超音波ガイド下末梢神経ブロック,心拍変動

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 37700 52麻酔外来周術期センター
内線 : 37703 麻酔科医局