肝胆膵内科

様々な肝の不調に対応すべく最新の知見をもって診断・治療にあたっています。例えばB型慢性肝炎では核酸アナログやインターフェロンを用いて,ウイルスの排除,抑制を目指し,C型慢性肝炎ではインターフェロンに抗ウイルス剤を併用した新しい治療法を行っております。肝癌に対しては大きさや個数,各個人の肝臓の能力に応じて最適な治療法を検討し,ラジオ波焼灼療法や,肝動脈塞栓療法,手術,分子標的治療薬を含めた化学療法などの集学的治療を実践しています。

また生活習慣病における肝臓での表現型である脂肪肝の中には,脂肪肝炎(NASH)という肝硬変へ進展する恐れのある疾患が近年注目されています。この疾患についてマスコミ等で当教室が紹介されるなど,このような分野においても大きな成果をあげています。 そして膵・胆道系に存在する良性疾患および悪性疾患に対しては,CT,MRCP,超音波内視鏡検査(EUS),超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA),内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)等による検査・治療法を駆使し,積極的に診断・治療を行っております。膵・胆道系の悪性腫瘍は早期発見・治療が非常に困難な疾患ですが,当科では,EUS,管腔内超音波検査(IDUS),EUS-FNAを積極的に行い,初期の小さな病変の発見に努めております。診断後の治療については,外科的手術のみならず化学療法(抗がん剤治療),内視鏡的緩和治療などを組み合わせた集学的治療を行っております。

胆道良性疾患の代表である胆のう結石・胆管結石は,ときに胆のう炎,胆管炎,閉塞性黄疸,敗血症などの重篤な合併症へ進展する可能性のある疾患です。このような疾患に対しても,超音波検査,CT,MRCP,EUS等で画像診断を進め,ERCPによる胆道ドレナージや内視鏡的乳頭切開術(EST)による採石術により治療を行っております。

診療部門からのごあいさつ

部長 (肝胆膵内科)
米田政志

肝胆膵内科

肝胆膵内科においては,国の肝疾患拠点病院の認定を受けて,最新の治療薬を用いたウイルス性慢性肝疾患の治療,超音波誘導下肝癌治療に取り組んでいます。私は最近にわかに注目を集めているメタボリックシンドロームの肝臓での表現型である非アルコール性脂肪性疾患(NFLFD)と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の研究に日本人としてはいち早く取り組み,現在では広く行われているビタミンE治療,アンギオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)治療およびFibroscanTMによる診断法を世界に先駆けて開発・発信してきました。これら我々のNASH/NAFLDに対する取り組みがテレビや新聞で度々取り上げられています。また日本消化器病学会の診療ガイドライン委員を拝命し,我々の教室はNASH/NAFLDの治療ガイドラインの策定を担当しております。さらに我々の胆膵診療グループは最新の診断・治療技術を有し,閉塞性黄疸の緊急処置に代表される高度の医療を長久手市および近隣の住民の方々に提供いたしております。また名古屋大学消化器内科との共同研究で産学官連携による低侵襲の胆膵疾患に対する診断・治療装置の国家的な開発研究にも参加し,世界に最先端の医療技術を発信するべく研究に心血を注いでおります。

私は「日々の臨床から研究に,そして研究は臨床にフィードバックすべき」をモットーに,日常診療と研究を行うように教室員には指導しております。研究のヒントはちょっとした日常の診療から生まれ,それを元にした研究は必ずしや臨床に役立つものであります。

消化器内科は医局一丸となって,消化器疾患に関する新しい情報を世界に発信し続けて行きたいと思います。それが,疾病の診断や治療に応用され,患者さんの福祉に役立ち,医学の進歩に貢献することに繋がれば最高の喜びであると信じています。

主な対象疾患

  • 肝臓の疾患(肝炎ウイルス,脂肪肝炎(NASH),薬物性肝炎,肝硬変,肝臓癌,肝膿瘍,原発性胆汁性肝硬変,劇症肝炎,自己免疫性肝炎等,食道静脈瘤等)
  • 胆道・膵臓の疾患(胆石症,胆嚢炎,胆嚢腺筋腫症,各種癌,膵炎,粘液産生膵腫瘍,膵内分泌腫瘍等)

高度な専門医療

高度な医療

原発性肝癌・転移性肝癌ラジオ波焼灼療法(RFA)

肝臓を切らずに,腹部超音波下に短期間で肝癌・転移性肝癌を焼灼する方法

エラストグラフィー(VTTQ)

肝臓の硬さをはかる機械を用いて,肝腫瘍の性状や脂肪肝炎(NASH)の診断に用いる方法

造影エコー

超音波用の造影剤を用いて肝腫瘍の診断,治療を行う方法

RVS下RFA

CT画像と同期し,通常の超音波検査では見えにくい,見えない場所の癌も焼灼する方法

肝(腫瘍)生検

肝腫瘍を超音波下にて直接穿刺し,原因不明の肝障害や肝腫瘍の診断を行う方法

胃食道静脈瘤治療

胃カメラを用いてEVL(極小の輪ゴムにより結紮する),EIS(直接針を刺し硬化剤を注入する)を行う方法

超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)

最先端の内視鏡診断法であり,従来困難とされてきた膵腫瘍・胆管腫瘍等の膵・胆道系腫瘍の組織学的診断が,超音波内視鏡観察下に穿刺する方法

専門外来

慢性肝疾患・脂肪肝外来

慢性肝疾患であるB型肝炎およびC型肝炎は国民の約300~400万人が罹患しており、さらにメタボリックシンドロームと密接に関わりのある脂肪肝患者は1500万人にも昇り、慢性肝疾患は今や国民病として位置づけられています。
愛知医科大学病院は国の肝疾患拠点病院の指定を受けており、最新の治療薬を用いたウイルス性肝炎の診療に取り組んでいます。また国民の20~30%が罹患している非アルコール性脂肪性疾患(NFLFD)と非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の研究に我が国としてはいち早く取り組み、現在では広く行われているビタミンE治療、アンギオテンシンⅡ受容体拮抗剤(ARB)治療およびFibroscanTMによる診断法を確率しました。これらはテレビや新聞で度々取り上げられ、日本消化器病学会の診療ガイドライン委員に指名されてNASH/NAFLDの治療ガイドラインの策定を担当しました。
肝臓専門医として慢性肝疾患・脂肪肝に関しての診断や治療を患者さんと相談しながら行っていきます。

担当者 米田政志
受診方法 再診患者,地域連携(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

ウイルス性肝炎外来

B型肝炎、C型肝炎などのウイルス性肝炎と診断された方やウイルス性肝炎が疑われる方を対象とした外来です。
B型肝炎やC型肝炎は、放置すると肝硬変や肝臓がんに進展してしまうことがあります。最近は、B型肝炎やC型肝炎の精度の高い診断法や副作用の少ない治療が可能となりました。病気の進行や肝がんを予防するためには早期発見と早期治療が大切です。肝臓専門医がウイルス性肝炎の診断や治療を患者様と相談しながら行います。

担当者 中尾春壽
受診方法 再診患者のみ(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

慢性肝疾患外来

B型肝炎やC型肝炎、自己免疫性肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝がんなどの慢性肝疾患の方を対象とした外来です。
慢性肝疾患の治療法は疾患ごとに異なるため専門的知識が必要となります。肝臓専門医が慢性肝疾患の診断と治療を患者様と一緒に相談しながら行ないます。

担当者 中尾春壽
受診方法 再診患者のみ(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

ウィルス性肝炎外来

以前よりB型肝炎やC型肝炎と診断されている方や新規でこれらのウイルス性肝炎と診断された方が対象となります。
B型肝炎やC型肝炎は、放置すると肝硬変や肝臓がんといった難治性肝疾患に進展してしまうことがあります。最近では、これらの慢性ウイルス性肝炎に対して遺伝子学的な診断や副作用の少ない新規の内服薬治療など診療方法が大きく進歩しています。病気を進行させないために、肝臓専門医としてウイルス性肝炎に関しての診断や治療を患者さんと相談しながら行っていきます。

担当者 伊藤清顕
受診方法 再診患者,地域連携(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

ウイルス性肝疾患外来

慢性肝疾患の多くはB型、C型慢性肝炎を代表とするウイルス性肝炎です。
B型、C型慢性肝炎は放置すると肝硬変に進展し、肝臓がんに進展してしまうことがあり早い段階で治療されることが望まれます。近年C型慢性肝炎に対する抗ウイルス薬の進歩は目を見張るものがあり、従来のインタ-フェロン治療より有効で副作用が少ない飲み薬だけでの治療が可能となりました。これまで副作用に対する危惧からインタ-フェロン治療を躊躇されていた高齢の患者さんも安全に治療を受けていただくことが可能になってきています。肝炎治療が大きく進歩しつつある昨今、多くの患者さんに最新医療を適切かつ安全にご提供するため、当科外来では肝臓専門医が患者さんと相談し診療にあたります。

担当者 中出幸臣
受診方法 再診患者のみ(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

脂肪肝専門外来

国内に約200万人存在すると推定される非アルコール性脂肪肝炎(NASH)からの肝がん・肝硬変への進展を予防することを目的とした専門外来です。担当医は当科の米田政志教授とともに日本消化器病学会の診療ガイドライン作成委員を務めております。ガイドラインに沿って肝生検による診断を標準とし,体組成測定,管理栄養士との連携による栄養指導,糖尿病合併例に対しては新規の糖尿病薬(SGLT2阻害薬, GLP-1作動薬)による治療,今後国内で行われる新規薬剤の開発治験への導入など行います。当科は全国の多施設共同研究グループJapan Study Group of NAFLDにおける共同研究では中心的役割を担っています。当外来はかかりつけ医との病診連携を重視していますので,初診の方は紹介状を必ずご持参のうえ受診してください。なお,高血圧・脂質異常などの生活習慣病の管理はかかりつけ医の下で行って頂き,当専門外来は肝疾患関連死撲滅を目指した診療を行っていきます(毎週水曜日午前)。

関連リンク

担当者 角田 圭雄(すみだ よしお)
受診方法 再診患者,地域連携(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

インターフェロン外来

インターフェロンは以前よりB型肝炎、C型肝炎の治療に用いられてきましたが、 近年では内服治療も充実してきており、必ずしもインターフェロンが治療の第一選択とはならないケースが増えてきています。この外来では、B型肝炎やC型肝炎と診断されている方へのインターフェロン適応を含めた治療方針を相談のうえ行っていきます。

担当者 佐藤顕
受診方法 再診患者のみ(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

慢性肝疾患外来

急性・慢性肝炎、肝硬変、肝癌、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、脂肪肝などの代謝性肝疾患、アルコール性肝障害、薬物性肝障害など、病因を問わず各種肝疾患の診断、治療を行っています。

担当者 大橋知彦
受診方法 再診患者のみ(注)
診療日時 ※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

注:【再診患者】再診患者のみの受付の為,一度,一般外来を受診して下さい。
【地域連携】かかりつけ医から地域医療連携室を通してご予約下さい。

診療・治療実績

外来患者数(1日平均)

平成23年度 125.5人
平成24年度 131.5人
平成25年度 137.2人
平成26年度 65.5人
平成27年度 71.9人

※ 平成23年度~平成25年度は、消化管内科および肝胆膵内科の合算

主な治療実績

食道静脈瘤硬化療法・結紮術(EIS・EVL) 37例
インターフェロン(IFN) 8例
経皮的ラジオ波焼灼術(RFA) 10例
肝腫瘍生検・肝生検 24例
造影超音波検査 35例
経皮的肝動脈塞栓術(TAE) 55例
内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)関連治療 398例
超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA) 70例

設備等

超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)の写真

腫瘍に穿刺したエコー図

キーワード

消化器,肝,胆,膵,胸やけ,内視鏡治療,早期胃癌,早期大腸癌,炎症性腸疾患,クローン病,潰瘍性大腸炎,GERD,機能性胃腸症,機能性消化管障害,超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診

ダウンロード

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 23480

さらに詳細な情報はこちらで紹介しています

消化器内科独自のHPへ(学外)