文字サイズ

呼吸器・アレルギー内科

外来診療風景

外来診療風景

院内所在マップ

中央棟2階  クリックすると拡大します

気管支喘息,間質性肺炎,サルコイドーシス,肺胞蛋白症などの免疫・アレルギー性疾患,肺がんなどの腫瘍性疾患,肺炎,気管支炎などの感染性疾患,慢性閉塞性肺疾患(COPD)など呼吸器・アレルギー疾患全般にわたって診療を行っております。
気管支鏡検査も年間300例以上行い,肺がん,感染性疾患,免疫・アレルギー性疾患の診断や喀血や気道狭窄などの治療を行っております。
他の医療機関よりのご紹介を原則としておりますが,下記の症状等のある方の診療も行っておりますので,外来を受診してください。

  • 長く続く咳や痰
  • 血の混じった痰
  • 胸の痛み吸
  • ぜいぜい音のする呼吸
  • 心臓の問題ではない息切れ
  • 健康診断での胸のレントゲンの異常

診療部門からのごあいさつ

部長 山口悦郎 

部長 山口悦郎

肺の病気と言えば,せき込みや息切れ,胸の痛みなどつらい症状が多いものです。私ども呼吸器・アレルギー内科は,そのような症状が速やかにとれるように,正確な診断に基づいた適切な治療をすべく日々研鑽に努めております。また抗がん剤治療など,どうしても副作用を伴う治療があります。その際にはできるだけそれが軽くなるように医師と看護師,薬剤師は力を合わせて患者さんの症状に注意を払い,必要な対策をとっています。私どもの目標は,適切な診療を安全かつ快適に行って,患者さんとご家族の信頼を得ることです。

主な対象疾患

  • 肺炎,気管支炎,膿胸,肺化膿症,肺抗酸菌症,肺真菌症などの呼吸器感染症
  • 気管支喘息,好酸球性肺炎,間質性肺炎,サルコイドーシス,肺胞蛋白症,過敏性肺臓炎などの呼吸器免疫・アレルギー性疾患
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 肺がん,胸膜中皮腫などの呼吸器腫瘍性疾患

高度な専門医療

高度な医療

肺胞蛋白症治療

全肺洗浄 

全肺洗浄

肺胞蛋白症に対して麻酔科と連携しての全身麻酔下での全肺洗浄やGranulocyte/Macrophage-Colony Stimulating Factor (GM-CSF) 吸入療法(保険外)など最先端の治療を行っております。

肺がん診療

気管支鏡を用いての経気管支生検,超音波気管支鏡を用いてのリンパ節の経気管支吸引針生検,経皮針生検などによる組織,細胞での確定診断を行い,画像等による全身検索を行って,がんの進展度(病期)の診断も行います。
組織や細胞,進展度の診断の後,呼吸器外科,放射線科とも連携して,手術療法,放射線療法,化学療法(抗癌剤),放射線療法と化学療法の併用など適切な治療方針を検討しています。
がん組織,細胞において,増殖に関与している上皮成長因子(EGFR)遺伝子やALK遺伝子変異の検査も行い,適切な薬剤の検討を行っています。
臨床試験に参加しての新治療の開発も行っています。

専門外来

サルコイドーシス,肺胞蛋白症,気管支喘息専門外来

担当者 山口 悦郎
受診方法 直接受診していただくか,他院よりの紹介の方は医療連携を介して事前予約をお取りください。予約外は11時30分までの受付です。
診療日時 呼吸器・アレルギー内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

サルコイドーシス,肺胞蛋白症,気管支喘息の診断,治療に関する専門外来です。呼吸器疾患一般の診療も併せて行っております。

肺がん専門外来

担当者 久保 昭仁
受診方法 直接受診していただくか,他院よりの紹介の方は医療連携を介して事前予約をお取りください。予約外は11時30分までの受付です。
診療日時 呼吸器・アレルギー内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

肺がん,胸膜中皮腫など呼吸器腫瘍性疾患の専門外来です。呼吸器疾患一般の診療も併せて行っております。

診療・治療実績

診療実績(25年度実績)

外来患者数(平日一日平均) 50.0人
入院患者数(一日平均) 59.8人
気管支鏡総検査数 351件

キーワード

呼吸器内科,アレルギー内科,肺胞蛋白症,サルコイドーシス,気管支喘息,肺癌,悪性胸膜中皮腫,気管支鏡検査

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36100  28外来  受付時間:8:30~