文字サイズ

循環器内科

集合写真

集合写真

院内所在マップ

中央棟2階  クリックすると拡大します

循環器内科は,初代渡邉務教授によって1975年内科学第3講座として開講され,2代小林正教授の下2001年に大講座制から現行の循環器内科に移行し,3代伊藤隆之教授を受け継ぎ,2012年1月より天野哲也教授のもと臨床・研究・教育に日々研鑽しております。当院は高度救命救急センターにおいてドクターヘリを常設しており,虚血性心疾患・不整脈・心不全といった循環器救急疾患に24時間迅速に対応できる体制を整えております。
当科は虚血グループ,不整脈グループ,心不全グループの3つのグループに分かれ,診療,研究を行っています。
虚血グループは,年間約600件の冠動脈造影,約300件の冠動脈形成術(PCI)を行っています。特に冠動脈CT,血管内超音波(IB-IVUS),光干渉断層撮影(OCT)といった冠動脈イメージングと機能的虚血評価法として部分冠血流予備量比(FFR)を積極的に活用することで,治療すべき病変の適切な選択またより至適な冠動脈形成術を行っています。不整脈グループは頻脈性不整脈に対するカテーテル・アブレーションを年間約100件行っており,症例数は増加の一途をたどっています。徐脈性不整脈に対するペースメーカ植込み術も年間約40件施行しております。また,全国規模のペーシング治療研究会事務局を担当しております。心不全グループは心臓超音波による最新の評価法を駆使し,重症心不全に対する薬物療法に加え,植え込みデバイス治療(CRT)を積極的に行っております。また,肺高血圧診断・治療にも当たっております。これら日常臨床を通して行われる臨床研究は,国内外の多くの学会で発表され,実績を残しています。なお当科は心血管カテーテルインターベンション治療,ローターブレーター治療,ペースメーカ及び植込み型除細動器治療,両室ペーシングによる心不全治療の厚生労働省の施行施設基準を満たしています。
今後さらなる発展を目指して,医局員の充実を図っていきたいと考えております。

診療部門からのごあいさつ

部長 天野哲也 

部長 天野哲也

愛知医科大学循環器内科では,循環器疾患に関してほぼすべての領域をカバーし,最先端の機器を応用し高度な医療を提供しています。また心臓血管外科,救命科などとの密な連携のもと,重症な心臓病患者さんを24時間体制で受け入れています。また,病診連携にも注力しており症例検討会,講演会など通じて実地医科の先生方のニーズに極力対応すべく努力しております。
当科の診療体制は大きく3つのグループ(虚血,不整脈,心不全)に分かれ,患者さんの症状,状態により,もっとも適した治療を最新のエビデンスに基づき提供できるよう診療に励んでおります。虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術,不整脈に対するカテーテル・アブレーション,ペースメーカ植え込み術,心不全に対する両室ペーシング治療などの先端医療は,この地域の中核医療機関としての役割を担うべく体制を整えて対応しています。各グループ間の壁を越え,全人的医療を目指し日々努力しております。今後,ますます多くの患者さんに質の高い医療を提供できるよう体制の充実を図っていきたいと考えております。
安全で先進的な医療を展開する中で,興味を持った点,疑問点などを抽出し検証していくことが,質の高い臨床研究につながると考えております。こうして得られた研究データは,国内外の多くの学会で発表してきております。
当科では医学生,卒後研修医,専修医など若手医師の教育にも力を入れております。知識偏重型の教育ではなく,より実践的な教育を目指しています。受け持ち症例は各グループの専門医師とともに診療にあたり,より専門的でまた新しい知識を身につけることが出来ます。またカンファレンスも定期的に行われ,治療方針などを議論します。当科で一緒に仕事をしたいと思っている先生,また少しでも循環器に興味のある先生,気軽にご連絡いただければと思います。

主な対象疾患

  • 虚血性心疾患(急性心筋梗塞,陳旧性心筋梗塞,無症候性心筋虚血,狭心症など)
  • 冠動脈以外の血管疾患(急性大動脈解離,大動脈瘤,下肢閉塞性動脈硬化症,肺塞栓症など)
  • 不整脈(洞不全症候群,房室ブロック,上室性頻拍,心房細動,心房粗動,心室頻拍など)
  • 弁膜症
  • 心筋症(拡張型心筋症,肥大型心筋症,急性心筋炎など)
  • 心不全
  • 成人期の先天性心疾患(心房中隔欠損症など)
  • 生活習慣病(高血圧,脂質異常症など)

高度な専門医療

高度な医療

冠動脈内イメージやFFRを用いた虚血心疾患の診断又は治療

カテ室

カテ室

従来,虚血性心疾患の治療には,血管造影をのみを用いて行ってきてきましたが,近年は,冠動脈内超音波(IVUS),光干渉断層撮影(OCT)といった画像診断が発達し,また部分冠血流予備量比(FFR)を併せて用いる機会が増えてきています。IVUSを用いることによって,冠動脈造影のみでは評価できないプラーク(動脈硬化)量やプラークの質(不安定プラークか否か),ステント留置後のステントの拡張具合,血管壁への圧着具合を評価することが可能となりました。FFRでは機能的虚血を評価でき,本当に治療すべき病変の選択に役立っています。

当科では,多くの症例にFFRを使用し責任病変,責任血管を同定し,その後,ステント留置などの治療をIVUSを用いて行います。バルーンやステントで病変部を拡張後は,IVUSにて病変部の拡張具合を確認し,また血管解離などの合併症を認めないことを確認して,治療を終了し,質の高いPCIを目指しています。病変の形態によってはローターブレーターを用い,直接プラークを削ることも行います。このようにIVUS,FFRなどを使用して行われた治療は,急性期から慢性期を通して,良い成績をおさめていることを確認しています。

冠動脈形成術の治療前・治療後比較写真

血管内超音波(IVUS)

光干渉断層法(OCT)

(冠動脈形成術はバルーンやステントなどを使用し虚血性心疾患を治療する方法です。治療前に閉塞している冠動脈に,ステントを留置することにより,良好な血流を得ることができます。IVUSやOCTは,冠動脈造影では評価が難しい冠動脈壁の動脈硬化(プラーク)の程度,性質を評価することが可能です。また血管形成術後はステントの拡張具合,血管壁への圧着具合を評価でき,治療の精度を高めることができます。またFFRは治療すべき病変かどうかを機能的に評価でき,治療方針の決定に役立ちます。)

心臓カテーテル心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)

不整脈は心臓の電気的興奮の異常を原因として生じるもので,電極カテーテルを用いた心臓電機生理学的検査(EPS)で,その原因を診断することができます。カテーテル・アブレーションとはEPSで診断した不整脈起源をカテーテルによる高周波通電により焼灼して,不整脈の根治を目指す治療です。

当院では1990年代はじめよりカテーテル・アブレーションを行っており,その適応は発作性上室性頻拍,心房粗動,異所性心房頻拍,心室頻拍,心房細動と,年々拡大しています。また3次元マッピングシステム(CARTO system, Ensite NaVX)を利用することにより,従来治療困難だった不整脈についても積極的に治療を行っています。またシネ・アンギオ装置(SIEMENS社製)によりカテーテル手術室で心臓CTを撮影することが当院では可能です。近年幅広く行われている心房細動に対するアブレーションでは手術当日にCTで撮影した画像データをCARTO systemに移行することによりワークステーション上で左心房の三次元構造を再現し,個人個人の心臓の解剖学的形状に基づいて正確なアブレーションを行うことを心がけています。

3次元マッピングシステム(CARTO)の画像

治療前・治療後の比較

(3次元マッピングシステムであるCARTO systemは不整脈の原因となっている部位を特定することができ,今まで治療困難であった不整脈も治療可能となりました。カテーテル・アブレーションによって,心房細動という不整脈を治療した一例です。)

植込み型除細動器移植術

最近AEDを街中で見かける機会が多くなったように,心臓突然死は社会的に極めて重要な問題となっています。心臓突然死の原因となる心室頻拍や心室細動という不整脈は,もともと心臓病を患っていた患者さんのみでなく,健康診断で異常を指摘されたことのない方にも起こりえます。原因疾患としては心筋梗塞などの虚血性心疾患,心筋症,ブルガダ症候群,心サルコイドーシス等がありますが,明らかな原因が分らない場合もあります。心室細動・心室頻拍のような不整脈を来す事が予測される患者さんや実際に心停止を来たし救命されて病院へ搬送された患者さんに対して,発作の再発が認められた際に自動的に作動することにより突然死を予防するのが植込み型除細動器による治療です。当院では不整脈を来した原因について総合的に検査することにより,患者さんに最適な治療方針を選択しており,植込み型除細動器による治療はその一つとなります。植込み術後には不整脈外来でICDの定期検査をすることにより,ICDが個々の患者さんに最適な状態で働くよう調整しています。

両心室ペースメーカ移植術

心不全の患者さんでは左室同期不全という現象が生じる事があります。左室同期不全が起こると,心臓の筋肉の縮むタイミングがずれてしまうために心不全をより悪化させます。心臓再同期療法(CRT)はペースメーカを使った心不全の新しい治療の一つです。ペースメーカを使って,ずれてしまったタイミングを元に戻す事によって心不全を良くします。CRTはこれまでに多くの大規模臨床試験で心不全の症状の改善,心不全による入院の減少,予後の改善(余命が伸びる事)等に効果があることが示されています。当院でも2007年から年間15人前後の重症心不全の患者さんがこの治療を受けておられ,治療前より快適な日常生活を送られています。すべての患者さんに有効というわけではないのが難点ですが,有効な場合の効果はとても大きい治療です。慢性心不全の内服治療をしていても日常生活の中で息切れ等の症状を自覚される方は適応があるかもしれません。一度心不全外来をお訪ねください。

CRTによる治療前・治療後比較写真

両心室ペースメーカ移植術前は胸部レントゲンにて心臓が拡張していましたが,治療後は心臓の拡張が縮小し(赤矢印),日常生活の向上を得ることができました。

専門外来

ペースメーカ外来

ペースメーカ植え込み後の患者さんを対象に,ペースメーカの作動状況,電池の消耗具合などのチェックを行う専門外来です。

担当者 福田元敬
受診方法 予約のみ(新規の場合はかかりつけ医から地域連携室,又は内科外来受付を通して予約してください)
診療日時 循環器内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

不整脈・アブレーション外来

カテーテル・アブレーションによる不整脈治療を希望される方を対象とした専門外来です。十分な説明をさせて頂くために患者さん一人当たり30分程度の時間をとっています。

担当者 鈴木靖司,伊藤良隆
受診方法 予約のみ(新規の場合はかかりつけ医から地域連携室を通して予約してください)
診療日時 循環器内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

心不全外来

主に重症心不全患者の外来管理を専門に行っています。重症の患者さんの場合,外来診療においても一人あたり必要な診察時間は長くなります。この外来では,より詳細かつ精密に診断・治療を行う目的で,一人当たり15〜30分の時間枠を設定し,余裕のある外来診療を行っています。

担当者 水野智文
受診方法 予約のみ(新規の場合はかかりつけ医から地域連携室を通して予約してください)
診療日時 循環器内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

CRT外来

心不全に対して両室ペースメーカ移植術を施行された患者さんを対象にペースメーカチェックを専門に行う外来です。ペースメーカの設定が心不全治療に対して効果不十分の際には,その場で心エコーを施行し,最適なペースメーカ条件を再設定します。

担当者 水野智文
受診方法 予約のみ(新規の場合はかかりつけ医から地域連携室を通して予約してください)
診療日時 循環器内科外来担当医表はこちら
※医師の担当日時(週・曜日)についてはこちらでご確認ください。

診療・治療実績

患者数内訳

1日平均 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
外来患者数 103.7人 107.6人 101.9人 119.9人 122.5人
入院患者数 36.8人 39.7人 39.1人 41.1人 38.1人

心・血管カテーテル検査,治療

冠動脈造影,経皮的冠動脈形成術,下肢血管形成術

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
冠動脈造影 633 625 649 577 604
経皮的冠動脈形成術 316 345 352 329 290
下肢血管形成術 21 21 23 24 15

不整脈治療

カテーテル・アブレーション,ペースメーカ植込み術,植込み型除細動器

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
カテーテル・アブレーション 100 110 113 106 143
ペースメーカ植込み(新規) 28 42 31 31 33
ペースメーカ植込み(交換) 35 24 19 14 18
植込み型除細動器 9 8 13 10 7

両心室ペースメーカ移植術(CRT)

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
新規 9 13 6 3 7
交換 - 3 4 6 5

設備等

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
心エコー(経胸壁) 3,461 3,738 4,424 5,077 5,873
心エコー(経食道) - 48 82 124 142
冠動脈CT 349 492 622 579 648
心臓核医学検査(負荷有り) 221 333 322 314 341
心臓核医学検査(負荷無し) - 83 204 196 95

心エコー

冠動脈CTとカテーテルによる冠動脈造影

(心エコーでは心臓の機能,弁膜症の有無・程度を非侵襲的に評価することができます。また冠動脈CTでは,輪切りの写真を3次元的再構築することにより冠動脈の評価をすることが可能です。図に示すようにカテーテルによる冠動脈造影と類似の画像を得ることが出来,虚血性心疾患のスクリーニングに有効です。)

キーワード

循環器内科,虚血性心疾患,狭心症,心筋梗塞,不整脈,カテーテル・アブレーション,ペースメーカ,心不全,両心室ペーシング,弁膜症,生活習慣病,高血圧

医療連携について

循環器内科では,病診連携(愛知医科大学病院とその他の医療施設との連携)を,極めて重視しており,当病院全体としての「病診連携室」を軸にして,積極的に地域の医療連携に取り組んでいます。患者さんの御紹介は24時間いつでも受け付けています。当科では迅速な対応を行うため,循環器内科ホットラインを開設しております。緊急患者さんの受け入れ要請,外来診療において循環器的判断,助言など「よろず相談」としてこのホットラインをご利用いただければと思います。平日時間内は各曜日の診療責任医師,平日時間外・土日祝日は当直医師が対応します(ホットラインの番号はIDPW利用の地域医療連携のページより)。

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
内線 : 36100 28外来(08:30 - 17:15)
内線 : 32705 循環器内科病棟
内線 : 23490 循環器内科医局