文字サイズ

痛みセンター

痛みセンタースタッフ

痛みセンタースタッフ

院内所在マップ

中央棟3階  クリックすると拡大します

痛みセンターでは,痛みに関連した病気に悩んでいる患者さんを,総合的に診断し治療を行っています。痛みは多くの病気でみられるありふれた症状の1つですが,主観的な症状のため他人からはなかなか理解されにくく,日常生活や社会活動にも多大な影響を与えます。当センターは,このような痛みに対して国内で初めて開設された集学的な治療・研究施設です。
頭痛,腰痛,肩こり,各種神経痛,手術後の痛み,また,原因がはっきりしない痛み,病気が治って痛みだけが残ったものなど,慢性的な痛み全般を治療対象としています。
治療は,運動器に対する理学療法,各種薬物療法(漢方を含む),及び神経根ブロック療法,高周波パルス療法などを組み合わせた治療法を行っています。
特に,難治性の神経障害性疼痛や高齢者の慢性疼痛など治療に難渋している症例に対して,器質面へのアプローチだけでなく,精神科専門医,心理士による精神・心理学的方法も含めた多角的な診療を目指しています。
現在,順調に遠方の他施設や地域医療施設からの紹介患者が増加しており,当センター独自の治療方針を確立し,日本の痛み治療をリードしていきたいと考えております。

診療部門からのごあいさつ

部長 牛田享宏 

部長 牛田享宏

~痛みと向き合い,ともに考える~
痛みセンターは本院における痛みの総合診療部としての役割を担っており,痛み治療の専従エキスパートが,痛みの身体的,精神的,社会的な相互関係を多方面から評価し,各専門医学領域と提携して集学的かつ統合的なアプローチを行っていくことを目的としており,高い理想をもって疼痛制御に関する診療を行う施設です。
急性期の痛みは,生体へと危険を知らせる警告信号として重要な役割を果たしていますが,その痛みが慢性化すると,苦悩や生活の質を損なうことになります。その結果,就労復帰が困難になり,また医療経済的な面にも影響を及ぼすなど社会的にも大きなマイナス要因となっています。これまで慢性の痛みがある患者さんへの対応は,各診療科が個別に行ってきましたが,十分な改善・満足が得られていないのが現状です。現在,日本では高齢化社会が急速に進んでおり,今後痛み治療が医療において重要な位置を占めると考えられ,集学的な治療を行う痛みセンターがその中心的な役割を担うことが期待されています。
平成23年度から,厚生労働省指定研究として痛みの包括的な診療体制を考えるための「痛みセンター連絡協議会」を全国10大学と共同で設立し,専門的な観点から慢性の痛みの課題を整理し対応策を協議しています。その中でも慢性の痛み対策として,患者さんのみならず,市民,医療従事者に対する痛みの教育啓発活動が必要とされており,本センターでも「NPO法人いたみ医学研究情報センター」を通じて市民セミナーを行うなど,正しい情報の発信に努めています。今後も,痛みセンタースタッフ全員で一丸となり,新しい治療法の開発とエビデンスの確立に邁進努力する所存です。

主な対象疾患

  • 頚椎・腰痛変性疾患,神経根症
  • 肩・肘・膝・股関節変性疾患
  • 癌性疼痛
  • 神経障害性疼痛など
  • 頭痛,顔面痛,三叉神経痛
  • 脊髄障害性疼痛症候群

診療・治療実績

診療実績(平成28年度)

内容 件数
新規患者数 665人
再来患者数 8,332人
総患者数 8,997人

受診を希望される方へ

  • 完全予約制です
  • 受診施設から地域医療連携室を通して予約してください。

慢性痛教室

痛みセンターと運動療育センターで慢性痛の患者さんを対象とした「慢性痛教室」を開設しております。本教室は,痛みに対する知識,心理教育的側面からのアプローチと,自主的な身体運動を促す運動アプローチを併用し,集団的治療効果が期待されます。
これまでに17回開催し,延べ99名(平成28年3月末時点)の患者さんにご参加いただいております。ご興味をお持ちの方は痛みセンター主治医,または受付までご相談ください。

キーワード

学際的(集学的,総合的)な,各種診療科・職種による疼痛の緩和

医療連携について

地域医療連携室を通してご予約ください。月曜日から金曜日まで外来診療を行っています。

関連リンク

連絡先

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)