文字サイズ

腎移植外科

腎移植手術

腎移植手術

院内所在マップ

中央棟4階  クリックすると拡大します

近年,わが国の臓器移植は腎移植を始めとして心・肝・肺・膵移植等の多臓器移植が実施されるようになり,多くの臓器不全患者の命を救い移植者のQOL向上を実現してきています。しかし,実施臓器移植数は欧米諸国に比べ極端に少なく,移植を希望する患者に移植医療を提供することは困難な現状であります。特に慢性腎不全医療における透析療法と腎臓移植手術のアンバランスは著しく,わが国の約30万人の慢性透析患者に対する年間腎移植実施件数は僅か1,600件足らずであり,米国の1/10にも満たないというのが現状です。実際,献腎登録から移植手術までの待機期間は平均14年余りであり,1万2000人以上の献腎移植希望者が手術を待っています。このようなわが国の慢性腎不全医療を打破するために,愛知医科大学において腎不全患者に対する包括的な医療体制を確立する事・腎移植を可能な限り多くの方に安全に確実に行う事を目的として平成24年4月より臓器移植外科が設立されました。具体的には,年間50件以上の規模の腎移植手術実施体制を整備し,将来的には,膵臟・肝臓移植などの多臓器移植をも視野に入れる予定であります。また教育・研究分野においては,移植医療に密接に関連し,臨床に即したオーダメード免疫抑制療法の開発(Gene polymorphism,薬物動態・薬力学,免疫応答,免疫寛容などの解析)を併せ行うことを考えています。

診療部門からのごあいさつ

教授 小林孝彰 

教授 小林孝彰

腎移植外科では,慢性腎不全により透析療法を続けられる患者さんに新たに健康な腎臓を移植する腎臓移植手術を行っております。腎臓提供者に対するドナー腎摘術も鏡視下手術で行なっており,手術侵襲も大変軽減しています。当科は愛知県を始め,中部地方,九州地方を含めた多くの透析施設と連携し,患者さんを受け入れ,患者さんに対して内科・外科が一貫した医療を提供できるよう務めています。
腎移植に興味を持っている方,自分は移植が可能なのだろうかと疑問を持たれている方の相談にも応じております。お気軽に当科を受診していただきたく存じます。

主な対象疾患

慢性腎不全(保存期腎不全~末期腎不全まで)

  • 透析療法を施行中であり,腎移植を希望されている方 。
  • 慢性腎不全と診断され,近いうちに腎代償療法(透析療法,腎移植)が必要と言われている方 。
  • 慢性腎不全と診断され,近くはないけれどいずれ腎代償療法(透析療法,腎移植)が必要と言われている方 。
  • 身内に腎不全の方がおり,移植に興味のある方。
  • 腎移植とはどのようなものか,取りあえず話だけでも聞いてみたい方。

高度な専門医療

高度な医療

レシピエント(腎移植を受ける方)

わが国の腎臓移植手術症例数は,末期腎不全患者の増加とともに徐々に増加しており,2013年では1,586例(内献腎移植155例)が施行されております。同時に2000年以降,免疫抑制剤の発展・組織適合検査の発展・抗ウイルス薬の発展等により腎生着率(生体腎移植)において1年生着率97.2%,5年92.3%,10年生着率84.9%・15年生着率60.3%と非常に良好な結果が得られております。この確立された腎移植治療を当院でも確実に,そして安全に施行するべく取り組んでおります。

 

 

 

 「腎移植を受けられる方へ」

 摘出した腎臓

 

ドナー(腎臓を提供する方)

ドナーとなれる方は,心身ともに健康な方に限ります。逆に言えば血液型や血縁は関係しない段階まで移植医療は進歩しました。摘出手術も安全性を優先しており手術後1週間での退院・社会復帰を確立しております。

 

 

 

 「腎臓を提供された方へ」

 腎採取術の様子

専門外来

腎移植外科

中央棟4階 48番にて,腎移植の相談~腎移植前のレシピエント・ドナーの診察/検査,腎移植後の定期的な受診を行います。初診時の受診方法は下記をご参照下さい。

 

 

 

曜日 月-水-木-金 (火曜日以外)
診療時間 午前中
担当者 小林孝彰,堀見孔星,松岡裕
初回受診方法
1)現在かかっている病院の主治医から紹介してもらう方法
腎移植外科への直接紹介の場合は,愛知医科大学病院地域医療連携室(電話0561-65-0221,FAX0561-65-0225)に「診療情報提供書(兼)受診依頼票」を用いて診察予約をしていただきます。

2)電話での問い合わせ方法
愛知医科大学(0561-62-3311)へ電話をして,レシピエント移植コーディネーターもしくは腎移植外科医師へ直接繋いでもらって下さい。
<受付時間:午前10時~午後4時>

3)FAXでの問い合わせ方法
腎移植外科直通FAX(052-308-3874)へ貴方の連絡先と相談したい事項を書いて送信して下さい。

診療・治療実績

移植件数

         2012年 10件
         2013年 32件
         2014年 23件

移植成績(2015年3月時点)


         生存率 100%
         生着率 97.3%

今後の予定

今後も月2-3例,年間30-40件の生体腎移植を予定しています。
また,現在のところ当院では献腎移植登録は行っておりませんが,今後献腎移植に対する診療体制・受け入れ体制の整備を行っていきます。

スタッフについて

スタッフ紹介

担当医 職名 勤務形態 専門分野
小林孝彰 教授 常勤 腎移植外科
堀見孔星 助教 常勤 腎移植外科
松岡 裕 助教 常勤 腎移植外科
渡辺 恵 常勤 レシピエント移植コーディネーター
打田和治 客員教授 非常勤 腎移植外科

スタッフ募集

腎移植外科では,腎移植医療を我々と一緒に行っていきたい方を募集しています。募集する人材については,下記の条件を満たしている方です。
(1)腎移植医療に興味がある方
(2)卒後3年目以降で外科(一般外科・泌尿器科を含む)を希望されている方
(3)日本における今後の腎移植医療の発展を望む方
(4)1~2年経験をしたいという方でも可能です

給与:仕事内容等について,詳細は下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
担当:愛知医科大学 腎移植外科 堀見孔星(ホリミ コウセイ)
                                                  khorimi@aichi-med-u.ac.jp

腎移植News Letter

慢性腎臓病の患者さんや透析患者さんに最新の腎移植情報を提供する事を目的とした小冊子を配布しております。過去のバックナンバーをご参照ください。

2012年 創刊号

2012年 創刊号



2012年 第2号

2012年 第2号

愛知医大・腎臓病公開講座

慢性腎臓病の患者さんや透析患者さんとそのご家族に対して,腎移植を中心とした腎臓病に対する情報提供と実際に腎移植を受けられた方や実際に腎臓を提供した方の生の声を届けるべく,定期的に公開講座を開催しております。是非ご参加ください。

第10回愛知医大・腎臓病公開講座の開催は2015年6月頃を予定しています。

キーワード

腎不全,腎移植,臓器移植,免疫抑制療法

医療連携について

腎臓移植医療はチーム医療です。当科では院内だけでも,レシピエント移植コーディネーター・腎臓内科医師・精神科医師・薬剤師・看護師・ソーシャルワーカー・臨床工学技士・臨床心理士・栄養管理士etc,多数・多方面の協力のもと成り立っています。
他院との医療連携としては,中日本腎臓移植グループを中心に日本の移植医療への貢献に努めていきます。


中日本腎臓移植グループとは?

腎移植医療 

関連リンク

連絡先

腎移植外科

TEL
外線 : 0561-62-3311(代表)
FAX
052-308-3874(直通)
Mail
aichiidai.tx@gmail.com
(直通はFaxとmailのみです)